コラム

日本のツイッター政治空間はリツイートが80% 政党に関するツイートを分析した

2021年02月17日(水)18時00分

そしてツイート全体のワードクラウドとリツイート数の多い(リツイート全体の50%を占めるツイートの)ワードクラウドは類似しており、たった1.7%のツイート(アカウント数では3.82%)が増幅されて全体に影響を及ぼしている様子がよくわかる。くわしくは後述するが、ワードクラウドに登場しているほとんどの言葉はネガティブな意味で使われている。たとえば「偉い」は「お偉い自民党」といった使われ方をしている。

ichida0217_4.jpg

ネガティブなものほどリツイートされやすいことは過去の研究結果とも一致する。以前の記事「ネット世論操作は怒りと混乱と分断で政権基盤を作る」に書いたような事態が危惧される。

ツイッター社APIを利用したデータ解析

くわしい説明に入る前に調査方法をご紹介しておきたい。ツイッター社は自社のシステムへの接続(API)を公開しており、無償あるいは有償でツイッターのデータにアクセスすることができる。この仕組みそのものは以前からあったものだが、一般利用者にとって必ずしも利便性の高いものではなかった。

その後、統計システムRのライブラリに簡単に利用出来るパッケージrtweetがリリースされて利用しやすくなった。そして今年の1月26日には学術機関や大学関係者(修士などを含む)がツイッター社の認定を受ければ無償で全てのツイートデータにアクセスできるサービスが発表された。これで一挙にツイッターの統計解析が身近になった。

今回は全てのデータではなく、無償で利用可能な範囲でツイッターのデータをRを用いて解析した結果である。無償で利用できるデータには上限があるため、調査対象期間を2月5日に限定し、さらに2時、8時、14時、20時から30分間のツイートを集めた。2月5日まるごとを対象にしたかったが、1時間でもデータ制限の上限にかかってしまったため、このように時間を制限し、数回に分割することになった。2時間の(30分×4回)総データ数は12,085件である。

今回対象とした期間が特にリツイートの多い日だった可能性もあるので、2月8日、9日、10日のリツイート率も確認したところ、いずれも80%を超えていた。2月前半が特に高い期間であった可能性もあるが、残念ながら後述するツイッターAPIの制限により、他の期間の確認はできなかった。

データ収集、集計を行った手順はRのコードを含む技術的で細かい話になるので拙ブログに書いた。関心のある方はご一読いただければ幸いである。

さまざまな制限のため、検証用のデータというよりは仮説構築のためのデータ解析と考えていただきたい。本稿に書いたことは原則として仮説であり、より広範な調査によって検証あるいは深化すべきものと考えている。

自民党に関するツイートが最多、次いで立憲民主党、日本維新の会

政党ごとにみると、もっとも多くツイートされていたのは自民党で次いで立憲民主党、日本維新の会、共産党、公明党となっている。リツイートの50%を占めるツイートを視認したところ、数件をのぞき、言及している政党への批判ばかりであった(くわしくは後述のワードクラウドを参照)。複数の政党を取り上げていることは少なく、全体の88.41%のアカウントは特定の政党についてのみツイートしていた。公明党だけは複数の政党に触れているツイートの比率が50%を超えていたが、これは公明党について語る時に複数の政党との比較を行うツイートが多いというよりは、公明党だけを取り上げたツイートが少ないためと推定される。失礼ながらツイッターでは存在感が薄いのかもしれない。

ichida0217_5.jpg

リツイートがきわめて多いことからわかるように、調査対象期間中にリツイートしかしていないアカウントも多数存在していた。政党別にグラフ化したものが下図である。複数政党に言及しているアカウントもあるので合計すると100%を超える。

ichida0217_6.jpg

自民党がもっとも低く、公明党がもっとも高くなっており、野党は総じて高い。ツイートの内容のほとんどが批判であることを考えると、自民党はリツイートしかしていないアカウントにはもっとも攻撃されていなかった政党ということになる。逆に公明党や共産党はもっとも攻撃を受けたことになるが、公明党は前述したように他の政党と並んで取り上げられることが多いので、全てが公明党を狙い撃ちしたわけとは言えない(中には公明党だけを批判し、そこそこ拡散していたツイートもあることはあった)。

プロフィール

一田和樹

複数のIT企業の経営にたずさわった後、2011年にカナダの永住権を取得しバンクーバーに移住。同時に小説家としてデビュー。リアルに起こり得るサイバー犯罪をテーマにした小説とネット世論操作に関する著作や評論を多数発表している。『原発サイバートラップ』(集英社)『天才ハッカー安部響子と五分間の相棒』(集英社)『フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器』(角川新書)『新しい社会を生きるためのサイバー社会用語集』(原書房)など著作多数。ツイッター

ニュース速報

ビジネス

アデビンタのイーベイ案内広告事業買収、最終承認を取

ビジネス

SUBARUが7月も生産一時停止、スズキも検討 半

ワールド

ドイツ、秋までにデルタ株が主流に=研究所

ワールド

英コロナ感染、変異株デルタが急増 累計7.6万人に

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 2

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正反対の判決に動揺広がる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 5

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 6

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    国民の不安も科学的な提言も無視...パンデミック五輪…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 10

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中