コラム

中東専門家が見た東京五輪、イスラエルvsイスラーム諸国

2021年08月16日(月)11時25分

イスラエル選手との対戦を避けた選手、資格停止&ヒーロー扱い

さて、中東の選手が参加するスポーツの国際大会というと毎度のように問題になるのがイスラエルの存在である。

イスラエルは地理的にはアジアに位置しているにもかかわらず、アジア大会(アジア競技大会)では1974年を最後に、大会から追放されてしまった。アラブ諸国、イスラーム諸国がパレスチナを占領するイスラエルが大会に参加するのを許さなかったからである(ちなみに、1974年のアジア大会はイランの首都テヘランで開催された。このときはイスラーム革命前だったので、イラン政府は、現在ほどイスラエルを嫌悪していなかったのだ)。

アジア大会はイスラエルがいなくなったので、問題はなくなったが、オリンピックはそうはいかない。たびたびアラブやイランの選手がイスラエル選手との対戦をボイコットする事件が起きている。

たとえば、今回の東京オリンピックでは柔道男子77キログラム級で、アルジェリア代表、フェトヒー・ヌーリーンが予選2回戦で、イスラエル選手と当たる可能性があるということで出場を辞退している。

国際柔道連盟は、ヌーリーンの行動を連盟の精神にもとるとして、ヌーリーンとそのコーチの資格を停止した。また、アルジェリア・オリンピック委員会も、政治的・宗教的・人種的な宣伝活動を禁止するオリンピック憲章違反とみて、2人を帰国させたという。

なお、ヌーリーン選手が棄権したため、不戦勝でスーダンのムハンマド・アブドゥッラスール選手が2回戦でイスラエル選手と対戦することになった。しかし、このスーダンの選手も計量には出てきたものの、試合には現れず、結局不戦敗となってしまった。

日本のメディアでは理由について触れられていないが、アラビア語メディアではやはりイスラエル選手との対戦を回避したとの見かたが一般的である。ちなみにアルジェリアはイスラエルと国交がないが、スーダンは昨年、イスラエルとの国交正常化で合意している。

一方、反イスラエルの急先鋒、イランはどうだろう。イランはこの点では柔道にかぎらず、どの大会でもイスラエル選手との対戦をボイコットしている。

2019年の世界柔道選手権東京大会でイランの強豪サイード・モッラーイーは、準決勝で敗れたが、このとき、イラン柔道連盟は、決勝でイスラエル選手と対戦しないようモッラーイーやその家族に圧力をかけたといわれている。なお、この大会ではイスラエル選手が優勝したのだが、モッラーイーは3位決定戦でも敗れ、イスラエル選手と戦わなかっただけでなく、表彰台でもイスラエルと並ぶことはなかった。

その後、モッラーイーはドイツで難民認定を受け、さらにモンゴル国籍を得て、東京オリンピックにはモンゴル代表として戦い、銀メダルを獲得している。

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所理事・中東研究センター長。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

医療従事者のワクチン義務化、一時差し止め 米地裁が

ワールド

フランス政府、混乱続くグアドループに警察・治安部隊

ワールド

中国、イランなどへの制裁解除訴え 核合意協議巡り

ビジネス

米ゴールドマン、新たな福利厚生制度を導入 人材集め

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 7

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 8

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 9

    ワクチンが効かない?南アフリカ変異株「オミクロン…

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 9

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中