ニュース速報

ワールド

米国務長官、ウクライナとドイツ訪問へ ロシア外相とも会談

2022年01月19日(水)03時51分

米国務省は18日、ブリンケン国務長官が今週、ウクライナの首都キエフを訪問すると発表した。2021年9月撮影(2022年 ロイター/Rebecca Droke)

[ワシントン/モスクワ 18日 ロイター] - ブリンケン米国務長官はロシアとウクライナを巡る危機の緩和に向け、今週ウクライナとドイツを訪問するほか、ジュネーブでロシアのラブロフ外相と会談することが18日、分かった。

米国務省によると、ブリンケン長官はウクライナの首都キエフを訪問し、19日にウクライナのゼレンスキー大統領とクレバ外相と会談する。その後ドイツの首都ベルリンに向かい、ベーアボック独外相と会談し、米英仏独の4カ国による協議に出席する。

米国務省当局者によると、ブリンケン氏は21日にジュネーブでロシアのラブロフ外相と会談する。

ホワイトハウスは先週、ロシアが外交で目的を果たせなかった場合に戦争の口実を捏造し、ウクライナに近く侵攻する準備を進めているとの懸念を表明していた。

国務省によると、ブリンケン長官は「最近のロシアとの外交的関与と、ロシアによるウクライナへのさらなる侵攻を阻止する共同の取り組みを巡り協議する」見通しで、「ロシアに対し大規模な影響かつ深刻な経済的な代償を課す同盟国やパートナー国の準備」についても話し合うという。

国務省当局者は「米国は紛争を望んでいない。平和を望んでいる」としながらも、今月に入ってから行われた一連の協議を受けても事態は沈静化に向かっていないと指摘。「ロシアによるウクライナ侵攻がいつでも起こり得る時点に達している」とし、「事態が鎮静化する環境がなければ、有意な外交上の進展は得られない。ロシアの行動はこれに逆行している」と述べた。

一連の会談に先立ちブリンケン長官は18日、ロシアのラブロフ外相と電話会談し、ウクライナ国境周辺のロシア軍部隊集結を巡る緊張緩和に向けた外交的な方策を模索するよう促した。さらに、ウクライナの主権に対する米国のコミットメントを再表明した上で、欧州の安全保障に関する協議は、ウクライナを含む北大西洋条約機構(NATO)の同盟国や欧州のパートナー国を含む必要があるという考えを改めて伝えた。

ラブロフ外相は、ロシア政府が米国の外交努力を歓迎するとしつつも、ウクライナ側がウクライナ東部での紛争終結に向けた合意を「妨害」しているというロシアの主張を改めて表明。ブリンケン長官に対し「ロシアの侵攻」に関する憶測を繰り返さないよう求めたほか、さらなる協議を近く行う可能性について話し合ったとした。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米ネットフリックス、約150人削減 成長鈍化でコス

ワールド

G7財務相、150億ユーロのウクライナ支援を計画 

ビジネス

米利上げ、前倒し後に慎重ペース移行を=シカゴ連銀総

ビジネス

ECBの政策正常化、持続可能性備える必要=ポルトガ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 4

    ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

  • 5

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    『はじめてのおつかい』がアメリカで巻き起こした大…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    「すぐつなげ」「すぐつなげ」「すぐつなげ」苦情な…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中