ニュース速報

ワールド

G20気候・エネルギー相、石炭火力廃止など巡り合意至らず

2021年07月24日(土)05時16分

イタリアのチンゴラーニ環境相は23日に開かれた20カ国・地域(G20)気候・エネルギー相会合で、石炭火力発電の段階的な廃止やパリ協定で定められた「世界的な気温上昇を1.5─2度に抑制する」との文言について合意に至らなかったと発表した(2021年 ロイター/David Gray)

[ナポリ 23日 ロイター] - イタリアのチンゴラーニ環境相は23日に開かれた20カ国・地域(G20)気候・エネルギー相会合で、石炭火力発電の段階的な廃止やパリ協定で定められた「世界的な気温上昇を1.5─2度に抑制する」との文言について合意に至らなかったと発表した。

記者団に対し、中国、ロシア、インドとの交渉が特に難航していると明かし、今後は10月にローマで開催されるG20首脳会議での協議が必要になると述べた。

石炭火力発電の廃止を巡っては、大半の国が2025年までの達成を望んだが、一部の国からは不可能だとの声が挙がったという。

チンゴラーニ環境相は、この日に予定されていた最終コミュニケの発表はおそらく24日になるとした。

今回のG20気候・エネルギー相会合で合意に至らなかったことで、11月にスコットランドのグラスゴーで開催される国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)で何らかの有意義な合意が得られるとの期待が後退した。

ただチンゴラーニ環境相は、2つの点で見解の相違が埋められなかったものの、全ての参加国・地域が脱炭素を目指す必要があるとの認識を共有し、58項目から成るコミュニケが策定されたと指摘。「今回の会合で、気候問題とエネルギー政策が相互に緊密に関連しているということをG20は初めて認めた」とし、「こうしたことは4カ月前には想像もできなかった」と述べた。

最終コミュニケの発表に先立ち、G20議長国を務めるイタリアは草案を公表。貧困国の気候変動対策支援に向け先進国は2020年まで毎年1000億ドルを拠出するべきとした2009年の合意に触れ、拠出額を25年まで毎年増加させることに対するコミットメントが示されたとしている。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

ワールド

焦点:英コロナ対策、規制緩和と追加ワクチン依存政策

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 2

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・…

  • 5

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 6

    眼がついた人工脳が作製される

  • 7

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 8

    収奪的なオリンピック、包摂的なパラリンピック

  • 9

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 10

    イベルメクチンの売り上げが米で24倍に、コロナ治療…

  • 1

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 2

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 3

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 6

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 7

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 8

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 9

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 10

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 10

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中