ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は大幅反落、中国恒大の資金繰り懸念が重し

2021年09月21日(火)14時15分

 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比601円48銭安の2万9898円57銭となり、大幅反落した。写真は東京証券取引所。7月20日撮影(2021年 時事通信)

(内容を更新しました)

[東京 21日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比601円48銭安の2万9898円57銭となり、大幅反落した。中国の不動産開発大手、中国恒大集団のデフォルトリスクへの警戒感から朝方に安く始まった後も下げ幅を広げ、3万円を割り込んだ。一方、値強い先高観を背景に押し目買いが下値を支えて安値圏で下げ渋り、もみあいが続いた。

前日の米国株式市場は主要3指数が大幅安となった。中国恒大のリスクが意識され、広範な銘柄に売りが出た。S&P総合500種とナスダック総合の下落率は5月以来、ダウ工業株30種は7月以来の大きさとなった。

日経平均は安く始まった後、3万円を割り込み、安値圏でのもみあいとなった。米株価指数先物がプラスで推移したほか、香港株が下げ渋り、日本株は底堅さも意識された。

市場では「連休の間の上、米連邦公開市場委員会(FOMC)や日銀会合を控えている。急騰後でもあり、積極的に買いにくい一方、先高観もあり、3万円を割れたところでは押し目買いが入りやすい」(三木証券の北澤淳商品部投資情報グループ次長)との声が聞かれた。

TOPIXは1.68%安で午前の取引を終了。「状況によっては、日銀による上場投資信託(ETF)買いもあり得る」(国内証券)との思惑も聞かれた。

東証1部の売買代金は1兆7292億7100万円と膨らんだ。東証33業種では、下落率上位は鉄鋼、機械、海運業などで、値上がりは空運業、電気・ガス業、医薬品の3業種のみだった。中国関連と目されるセクターの売りが目立った。

トヨタ自動車、ソニーグループといった主力株や、東京エレクトロンなどの半導体関連株は総じて軟調。指数寄与度の大きいファーストリテイリングやソフトバンクグループもさえない動きとなった。

一方、ANAホールディングスなどの空運や、陸運の一角、エイチ・アイ・エスなどの旅行関連がプラスだった。新型コロナの新規感染の減少傾向を好感したほか、GoTo政策の再開への思惑も出たという。第一三共もしっかり。

東証1部の騰落数は、値上がりが156銘柄、値下がりが1995銘柄で91%を占めた。変わらずは36銘柄だった。

*改行を修正し再送します。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

ワールド

アングル:対中関係で「責任」示せるか、米政権が首脳

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 3

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年越しに根絶 米

  • 4

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 8

    映画『アメリカン・スナイパー』のネイビー・シール…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    日本語を職業にする外国人だからこそ分かる「日本語…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 5

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 9

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 10

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中