ニュース速報

ビジネス

SUBARU、4─6月期は295億円の営業黒字 通期販売計画は4万台減

2021年08月03日(火)15時33分

 8月3日、SUBARUが発表した2021年4─6月期決算(国際会計基準)によると、営業損益は295億円の黒字(前年同期は156億円の赤字)だった。写真は都内で2019年10月撮影(2021年 ロイター/Soe Zeya Tun)

[東京 3日 ロイター] - SUBARU(スバル)が3日発表した2021年4─6月期決算(国際会計基準)によると、営業損益は295億円の黒字(前年同期は156億円の赤字)だった。主力市場の米国を中心に自動車販売が伸びた。世界的な半導体不足による生産への影響により、22年3月期通期の販売計画は従来から4万台引き下げた。ただ、販売奨励金の抑制や為替の円安基調が寄与し、通期の連結業績予想は据え置いた。

4─6月期の売上収益は39%増の6351億円、世界販売は31.7%増の17万5000台だった。純損益は185億円の黒字(前年同期は77億円の赤字)だった。販売実績は31.7%増の17万5000台だった。

半導体不足による生産制約を考慮し、通期の世界販売計画は前回予想の100万台から4万台減の96万台に下方修正した。

水間克之専務執行役員は会見で、4─6月期は半導体不足により「6万台の影響があった」と説明。影響は少なくとも上期(4─9月)いっぱいは続いて下期(10月─22年3月)には解消するとみており、下期に生産を挽回し、通期で4万台の影響に抑える考えを示した。

通期の販売計画は下方修正するが、販売奨励金の抑制や為替の円安傾向を織り込み、通期の業績予想は従来のまま維持する。

水間氏は、足元の米国販売は「非常に需要が強い」と指摘。低い水準の在庫を使いながら販売しており「車さえあればもっと売れたのに、という状況だ」と述べた。スバルの現地の販売店の適正在庫は約1カ月程度だが、現在は約7日分しかなく「船で着荷したら、すぐ売れるという状況」(同氏)という。

米国での販売奨励金は、4─6月期は前年同期比で1台当たり500ドル減の1100ドルと改善。通期は従来計画の1600ドルから1350ドルに引き下げ、営業利益を220億円押し上げる見込み。

通期の前提為替レートは1ドル=109円(前回は108円)、1ユーロ=130円(同128円)に見直した。為替レート差で通期の営業利益は150億円改善する。

通期の売上収益は前期比16.6%増の3兆3000億円、営業利益は同95.2%増の2000億円、純利益は83.0%増の1400億円をそれぞれ見込む。営業損益のアナリスト17人による事前の市場予想(IBESのコンセンサスによる予想)は2207億円となっている。

通期の営業利益に対し、新車販売減で280億円、原材料価格の高騰などで154億円それぞれ押し下げる見込み。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

タリバンに「対話の余地」、人権問題巡り=UNHCR

ワールド

英、入国規制を簡素化 ワクチン接種者はPCR検査免

ワールド

イタリアのワクチン予約が急増、全労働者への接種証明

ビジネス

米債務上限引き上げなければ経済的惨事、ホワイトハウ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 2

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を防ぐとの研究結果

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 5

    85年前に絶滅したフクロオオカミの映像がカラー化さ…

  • 6

    コロナで急増した貯蓄をどう使うか...日本人の使い方…

  • 7

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 8

    3回接種が進んだイスラエルで感染爆発、4回目を準備

  • 9

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 10

    フルタイムでもワーキングプア......非正規公務員の…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 3

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら人生が急展開した

  • 4

    中国系スーパーヒーローが活躍するマーベル新作映画…

  • 5

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 6

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 7

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 8

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 9

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 10

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    <閲覧注意>命懸けで離陸する米軍機に取り付き、落…

  • 10

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中