ニュース速報

ビジネス

ベゾス氏、NASAに20億ドル拠出を提案 月面着陸船受注なら

2021年07月27日(火)11時10分

米アマゾン・ドット・コム創業者ジェフ・ベゾス氏は26日、米航空宇宙局(NASA)のネルソン長官に書簡を送り、宇宙飛行士を月面に着陸させる宇宙船の製造をベゾス氏の率いる宇宙開発ベンチャーのブルーオリジンに委託すれば、NASAのコストを最大20億ドル負担すると表明した。写真はベゾス氏。7月20日撮影(2021年 ロイター/Joe Skipper)

[シアトル 26日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コム創業者ジェフ・ベゾス氏は26日、米航空宇宙局(NASA)のネルソン長官に書簡を送り、宇宙飛行士を月面に着陸させる宇宙船の製造をベゾス氏の率いる宇宙開発ベンチャーのブルーオリジンに委託すれば、NASAのコストを最大20億ドル負担すると表明した。

NASAは4月、有人月飛行の「アルテミス計画」で、宇宙飛行士を月面に運ぶ宇宙船の建造をイーロン・マスク氏のスペースX社に委託すると発表した。29億ドル規模の契約。

ブルーオリジンと防衛企業のダイネティクスも名乗りを上げていたが、選ばれなかった。ブルーオリジンは、米防衛大手のロッキード・マーチン、ノースロップ・グラマン 、ドレーパーと組んだ。

ベゾス氏はネルソン長官への書簡で、ブルーオリジンが現会計年度を含む複数の会計年度にわたりNASAからの開発費支払いを最大20億ドル放棄することを提案。軌道上での自社技術実証ミッションも自費で実施するとした。その見返りとして、宇宙船建造に関する固定額の受託契約を結び、開発コストの超過分は負担するとした。

ベゾス氏はNASAが短期的な予算の制約を理由に、2社に宇宙船の製造を委託する当初の計画から逸脱したと指摘し、今回の自身の提案によって予算の問題は取り除かれるとした。

「競争がなければNASAの短期と長期の月探査への野望に遅延が生じ、結果としてより多くのコストがかかり、国益にかなわなくなる」と主張した。

NASAの広報担当者はベゾス氏の書簡について承知しているが、月面着陸船製造を巡りNASAがスペースXに入札価格の修正を認めて不当な優位性を与えたとして、ブルーオリジンが米政府監査院(GAO)に抗議していることを理由に、さらなるコメントを控えた。

GAOは8月上旬までに判断を示すとみられるが、業界筋によると、これまでの決定を覆す可能性は低いとブルーオリジンはみているという。

スペースXの広報担当者はコメントの求めに応じていない。

ブルーオリジンは20日、テキサス州で自社開発したロケット「ニューシェパード」を打ち上げ、初の有人飛行に成功。宇宙船にはベゾス氏ら4人が搭乗した。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

10月4日に臨時国会召集、国会に伝達=官房長官

ワールド

グーグルとアップル、ロシア反体制派ナワリヌイ氏のア

ワールド

内政問題への干渉、あってはならない=習中国主席

ビジネス

新生銀、買収防衛策の導入を決議 SBIのTOBに対

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 2

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を防ぐとの研究結果

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 5

    85年前に絶滅したフクロオオカミの映像がカラー化さ…

  • 6

    コロナで急増した貯蓄をどう使うか...日本人の使い方…

  • 7

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 8

    3回接種が進んだイスラエルで感染爆発、4回目を準備

  • 9

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 10

    フルタイムでもワーキングプア......非正規公務員の…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 3

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で報告相次ぐ

  • 4

    中国系スーパーヒーローが活躍するマーベル新作映画…

  • 5

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 6

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 7

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 8

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 9

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 10

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    <閲覧注意>命懸けで離陸する米軍機に取り付き、落…

  • 5

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 6

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 7

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 8

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 9

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 10

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中