ニュース速報

ビジネス

配車大手グラブ、過去最大のSPAC上場へ 評価額約400億ドル

2021年04月14日(水)11時43分

東南アジア最大の配車サービス企業グラブ・ホールディングスは13日、上場に向けて米特別買収目的会社(SPAC)アルティメーター・グロースとの合併で合意した。シンガポールで2019年撮影。(2021年 ロイター/Anshuman Daga)

[シンガポール 13日 ロイター] - 東南アジア最大の配車サービス企業グラブ・ホールディングスは13日、上場に向けて米特別買収目的会社(SPAC)アルティメーター・グロースとの合併で合意した。

グラブの企業価値は約396億ドルとなり、SPACとの合併としては過去最大規模。

合意には、ブラックロック、フィデリティ・インターナショナル、ジャナス・ヘンダーソン、シンガポールの政府系投資機関テマセク・ホールディングスなどの投資家を引き受け先とする40億ドル超のPIPE(上場企業の私募増資)が含まれる。

グラブにはソフトバンクグループや中国の配車アプリ大手、滴滴出行(ディディ)などが出資している。

グラブは、2020年の業績が新型コロナウイルスのパンデミックにもかかわらず良好だったことから上場を目指す決断をしたと説明した。

ロイターは、複数の関係者の話として、グラブのSPACとの合併が早ければ13日にも発表されると伝えていた。

グラブは2012年に米ハーバード大経営大学院出身のアンソニー・タン氏とタン・フイリン氏がマレーシアでアプリを使った配車サービスとして事業を開始した。東南アジア8カ国400以上の都市で事業を展開し、域内で最も価値のあるスタートアップとされる。

多額の資金を投じてサービスを現地向けにローカライズし、成長が見込める新規分野への参入でシェアを拡大する戦略を進めるが、今回の上場はそれを裏付けるものになる。

タン氏は米国市場を上場先として選んだ理由について「流動性が高く規模も大きく、世界的な企業や投資家が集まり、層の厚い市場であることが重要だった」と述べている。

20年の純売上高は70%増加したが、まだ黒字化していない。新型コロナ禍で料理・食事の宅配サービスが伸び、最大事業となった。

20年の調整後純売上高は16億ドル。23年には45億ドルに引き上げ、EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)で黒字転換する計画。

*情報を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米、16日の空港利用者185万人 コロナ禍後で最多

ワールド

イスラエル空爆継続、北ガザ司令官殺害 地下トンネル

ビジネス

中国、慎重に人口抑制策緩和へ 社会的安定考慮=関係

ビジネス

米住宅建設業者指数、5月は横ばい 建材不足に不安

MAGAZINE

特集:若返りの最新科学

2021年5月25日号(5/18発売)

老化は止められる? 治療の「秘薬」を探す研究に巨額マネーが流入するシリコンバレーの最前線

人気ランキング

  • 1

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」 欧州選手団がマジギレの東京五輪プレ大会

  • 2

    ヘンリー王子は「洗脳されている」「王室はもう彼を信用できない」──王室伝記作家

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

  • 5

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 6

    マスクはつけず手は洗いまくったイギリス人

  • 7

    池江選手に五輪辞退をお願いするのは酷くない

  • 8

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 9

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 10

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 1

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 2

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」 欧州選手団がマジギレの東京五輪プレ大会

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 5

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

  • 6

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 7

    ヘンリー王子は「洗脳されている」「王室はもう彼を…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

  • 10

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メ…

  • 5

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 6

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 7

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 8

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 9

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 10

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中