コラム

全米を熱狂させる大谷翔平 ...と水原一平とチャック・ノリス

2021年07月28日(水)11時40分
キリスト教の教会、天使

ILLUSTRATION BY AYAKO OCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

<オオタニ・フィーバーは、二刀流どころではない>

【天使】
日曜日の朝のミサが終わると、司祭が言った。

「午後は楽しい時間をお過ごしください。天使たち(エンジェルス)と共に」

それを聞いた一人の男の子がうれしそうに答えた。

「はい! もちろんです」

司祭はにこやかに続けた。

「信じる心があれば、きっと良いことがありますよ」

男の子はうなずきながら言った。

「大丈夫。今日はオオタニが先発ですから」

◇ ◇ ◇

ロサンゼルス・エンジェルスに所属する大谷翔平選手が、全米に熱狂を巻き起こしている。

大谷選手がホームランを打つと、実況のアナウンサーは「オオタニサン」「サヨナラ」などとカタコトの日本語を叫ぶ。

大谷選手が投手として三振を奪った際には、「スワッテクダサイ」と謎の日本語を絶叫したことも。これは三振を喫したバッターに対して「Sit down」(ベンチで座ってろ)と言う英語の表現を直訳した結果だと思われる。

その他、「ドコカニイッテ、ハヲミガク」と叫んだこともあったが、これは「出直してきな」を表す「Goaway and brush your teeth」という表現を直訳したのであろう。

MLBショップで販売されているオオタニ・フィギュアが「びっくりするほど似ていない」とネット上で話題になったことも。

「メイド・イン・チャイナ?」
「(まるで)ヒデキ・マツイで大爆笑」
「タカ・イシバシのほうが似ている」

といったコメントが寄せられて大いに盛り上がった。「タカ・イシバシ」とは、映画『メジャーリーグ2』で怪演を見せた石橋貴明氏のことを指している。

イッペイ大喜利まで登場

その人気ぶりは、大谷選手の専属通訳を務める水原一平氏にまで波及。

球団の公式インスタグラムで「あなたの一番好きなチャック・ノリスのジョークを教えてください。ただし、チャック・ノリスをイッペイに置き換えて」という「大喜利」が出題されるにまで至った。

プロフィール

早坂 隆

ノンフィクション作家、ジョーク収集家。著書に『世界の日本人ジョーク集』『新・世界の日本人ジョーク集』(共に中公新書ラクレ)、『指揮官の決断――満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』『ペリリュー玉砕――南洋のサムライ・中川州男の戦い』(いずれも文春新書)、『すばらしき国、ニッポン』(文響社)、『昭和史の声』(飛鳥新社)など。最新刊は『世界の日本人ジョーク集 令和編』(中公新書ラクレ)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米GM、ミシガン州のEV工場に65億ドル超投資へ=

ビジネス

米政権の経済課題は「現代のサプライサイド経済学」=

ワールド

米、中国航空4社の44便を運航停止 中国の措置に対

ビジネス

英蘭シェル、正式に社名変更 「ロイヤル・ダッチ」外

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 5

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 6

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 7

    今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサン…

  • 8

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 9

    「非常に珍しい」双子のアフリカゾウが見つかる

  • 10

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中