コラム

「母国に帰りたい」と思うような医療現場

2021年07月02日(金)18時55分
病院、痛みを訴える男

ILLUSTRATION BY AYAKO OCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

<ワクチン接種が世界各地で進んでいる。でも「1日に2回接種してしまった」などのミスも起こる。なにせ病院はジョークの宝庫だ>

【重病】
患者が医者に言った。

「体のどこを押しても激しい痛みが走るんです。重病ではないでしょうか?」

診療を終えた医者が、ため息とともに言った。

「分かりましたよ」

患者が心配そうに聞いた。

「何という病気でしょうか?」

医者が答えた。

「指の骨折です」

◇ ◇ ◇

新型コロナウイルスのワクチン接種が、世界各地で進んでいる。

スタートで後れを取った日本も、ここにきて順調にペースを加速。関係者の方々の知恵と努力には、改めて頭が下がる。日本の「現場力」は捨てたものじゃない。

ただし、中にはワクチンを誤って破棄してしまったり、薄めずに原液のまま接種してしまったといった事例も発生している。「1日に2回、接種してしまった」というミスも起きている。

世界のジョークの中には、病院を舞台としたものが意外と多い。その大半が医療現場での「うっかり」や「勘違い」を笑いの対象とするものである。

誰もがお世話になったことのある病院という身近な空間は、「ジョークの舞台」としてなじみやすい。

以前、ルーマニアに住んでいた頃、何度か病院のお世話になった。

ある時、高熱が出た際に点滴をすることになったが、看護婦の手際が驚くほど悪く、仲間と談笑しながらウロウロウロウロしている。ようやく点滴が始まると看護婦は、

「1時間で終わるから」

と言ってその場を去ったが、滴の落ち方が異様に遅い。途中からほとんど落ちなくなり、仕方なく看護婦を呼ぶと、

「器具の調子が悪いようね。点滴はやめましょう」

と中止になった。

「日本に帰りたい」と思った瞬間である。

チャウシェスク独裁政権時代に建てられた大型病院は設備の老朽化が激しく、衛生面でも不安を感じるような雰囲気だった。

「病院なんか行ったら余計に悪くなる。殺されちまうよ」と笑うルーマニア人も珍しくなかった。

プロフィール

早坂 隆

ノンフィクション作家、ジョーク収集家。著書に『世界の日本人ジョーク集』『新・世界の日本人ジョーク集』(共に中公新書ラクレ)、『指揮官の決断――満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』『ペリリュー玉砕――南洋のサムライ・中川州男の戦い』(いずれも文春新書)、『すばらしき国、ニッポン』(文響社)、『昭和史の声』(飛鳥新社)など。最新刊は『世界の日本人ジョーク集 令和編』(中公新書ラクレ)。

ニュース速報

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

ワールド

焦点:英コロナ対策、規制緩和と追加ワクチン依存政策

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 2

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・…

  • 5

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 6

    眼がついた人工脳が作製される

  • 7

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 8

    収奪的なオリンピック、包摂的なパラリンピック

  • 9

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 10

    イベルメクチンの売り上げが米で24倍に、コロナ治療…

  • 1

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 2

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 3

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 6

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 7

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 8

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 9

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 10

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 10

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中