コラム

フランスを怒らせてでも...AUKUSで見えたバイデン「対中強硬」姿勢の本気度

2021年10月06日(水)17時55分
豪モリソン首相と仏マクロン大統領

豪モリソン首相と仏マクロン大統領(21年6月) PASCAL ROSSIGNOL-REUTERS

<米英豪のAUKUSは、中国に対抗する米バイデン政権の一貫した戦略の一環であり、その目的のためにはフランスの怒りは大きな問題ではない>

9月15日、米英豪3カ国は新たな安全保障協力の枠組み「AUKUS(オーカス)」を発表し、オーストラリアへの原子力潜水艦の配備と、サイバーセキュリティーや人工知能(AI)分野での連携強化を打ち出した。米バイデン政権はインド太平洋地域で高まり続ける中国の影響力と攻撃性に対抗するため、首尾一貫した戦略を取っており、今回の動きもその一環だ。

これに伴い、フランスがオーストラリアから受注していた通常動力型潜水艦12隻、計660億ドル相当の契約が破棄された。ルドリアン仏外相は「背信行為」と猛反発し、駐米と駐豪の仏大使を召還。一方、中国外務省もAUKUS加盟国の「時代遅れの冷戦思考」を批判した。

もっとも、インド太平洋地域の24カ国は既に新たな冷戦が始まっていることを知っている。インドと中国の国境地域では昨年来、両軍が衝突して双方に死者が出ている。南シナ海では国際社会が公海と見なす海域やブルネイ、ベトナム、台湾、フィリピン、インドネシアなどの経済水域の領有権を中国海軍が虎視眈々と狙っている。

米英豪は過去75年にわたって軍事的同盟関係を結んできた。一方、インド太平洋地域の各国は今後、「中国と組むか、アメリカと組むか」という究極の選択を迫られる。

現時点では、フランスが激怒するのも無理もない。不意打ちを食らったマクロン大統領は、大統領選を来年4月に控えたタイミングで大口雇用を生む巨額の契約を失った。仏海軍は太平洋一帯で「航行の自由」作戦を定期的に実施しており、AUKUSはフランスの対中戦略を損なうものだ。

アメリカ側のミスも

アメリカ側のミスもあった。フランスの国益に反する情報を事前に伝えなかった点、AIなどの分野での新たな枠組みにフランスを加えなかった点、新たな軍事協定や貿易協定を提示してフランスの機嫌を取ろうとすらしなかった点......。

ただし率直に言えば、バイデン政権の包括的なインド太平洋戦略においてはフランスの怒りは大した問題ではない。バイデン大統領は今年1月の就任以来、中国に対抗する戦略を相次いで繰り出しており、AUKUSもその1つに位置付けられる。

■3月 クアッド(日米豪印戦略対話)の首脳会議を開催し、この4カ国による海洋安全保障などでの連携強化を確認。

■4月 諸外国に先駆けて日本の菅義偉首相と会談。翌月には韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領とも会談して、アジア重視路線をアピール。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

次のパンデミック、致死性コロナ以上の恐れ=オックス

ビジネス

22年の中国経済、妥当な範囲内に維持=共産党中央政

ワールド

日本の警察に人種プロファイリングの疑い、米大使館が

ビジネス

中国社会科学院、22年の成長率目標「5%超」を政府

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中