コラム

フローランの日本文化論 フローラン・ダバディ
フローランの日本文化論 フローラン・ダバディ

日本の民主主義は機能しているか、2021年東京五輪のレガシーは何か

<経済効果でもイデオロギーでもない、コロナ後の日本に必要な「遺産」を考える。本誌「ポストコロナを生き抜く 日本への提言」特集より> 東京オリ

2020.05.11
フローランの日本文化論 フローラン・ダバディ

『テルマエ・ロマエ』で観光客を誘致する駐日イタリア大使に聞く

イタリアは世界5位の観光大国ですが、その地位にあぐらをかいていると思ったら大間違いです。数年前、観光政策を180度転換しました。 そのよい例

2019.11.25
フローランの日本文化論 フローラン・ダバディ

南アフリカの奇跡、シヤ・コリシが教えてくれたこと

<南ア代表のW杯優勝を牽引した黒人初のキャプテン、シヤ・コリシの不屈の物語は、南アにとっても日本にとってもお手本になる> ラグビー南アフリカ

2019.11.07
フローランの日本文化論 フローラン・ダバディ

親日だけじゃないジャック・シラク──フランス人が愛した最後の大統領

フランスで12年間大統領を務めたジャック・シラクが86歳で亡くなりました。シラクというと日本ではよく親日家の側面が取り上げられますが、政治家

2019.10.01
フローランの日本文化論 フローラン・ダバディ

2024年五輪開催をテコに生まれ変わるパリがすごい!

<パリ首都圏を「東京の首都圏」の快適さも参考に作り替えようという女性指導者が語る夢とロマンに溢れた大規模再開発計画> フランス政界における保

2019.08.14
フローランの日本文化論 フローラン・ダバディ

フランス外交には女性改革が必要だ

<フランスは日本よりリベラルで、女性も強いと思ったら大間違い。とくに男性優位で悪名高いのが外務省。教養もユーモアもあるフランス女性がもっとた

2019.05.23
フローランの日本文化論 フローラン・ダバディ

オリンピック開催を日本は生かせるか(フランスは生かしています)

<東京五輪の次に五輪を開催するパリではすでに、高速道路がジョギングコースに変わったり、小さな公園の遊具を大人も子供も使えるようアップデートし

2019.03.20
フローランの日本文化論 フローラン・ダバディ

ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

<カルロス・ゴーンの逮捕は、日仏関係を大きく揺さぶった。仏メディアはゴーン容疑者の扱いに疑問を投げかけ、日本側は「余計なお世話だ」と開き直っ

2019.02.15
フローランの日本文化論 フローラン・ダバディ

「黄色いベスト」が求めるフランス第2の「革命」

<毎週のように激しいデモを行ってきた「黄色いベスト」たちは、エリート階級の特権に飽き「体制転換」を求めている> フランスの「黄色いベスト」運

2018.12.18
  • 1

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    袋詰めにされた犬53匹を救出 食肉処理される寸前だ…

  • 7

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    「小さな死のリンゴ」 下に立つだけで有害、ギネス…

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 8

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 7

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 8

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 9

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中