コラム

ユーラシアウォッチ 楊海英
ユーラシアウォッチ 楊海英

裏切られた中国民主化の夢 「建設的関与」という欧米と日本の偽善

<天安門事件の犠牲者も香港の「高度な自治」も紙くず扱い――専制国家を読み誤り商売を優先した国際社会にその報いが> 世界は今、中国に対する「誤

2018.06.16
ユーラシアウォッチ 楊海英

北極海支配まで狙う中国に、日本とロシアは雪解けで対抗せよ

<北方領土で日ロが対立する隙を狙って「一帯一路」は極北に――日ロの苦い歴史の救世主は秋田犬とザギトワなのか> ロシアの首都モスクワで5月26

2018.06.02
ユーラシアウォッチ 楊海英

日本の相撲は「国技で神事で品格あり」?

<スキャンダルまみれの角界は日本人男性の弱さの表れ──モンゴル出身の文化人類学者が物申す> 89年に来日した南モンゴル出身の私には、かれこれ

2018.05.23
ユーラシアウォッチ 楊海英

ドイツ人があがめるのは、マルクス像か中国マネーか

<「共産主義の父」マルクスの生誕200周年で生じた分断――『資本論』を裏切って搾取を重ねる中国共産党の矛盾> 中国は5月、ドイツに「毒」のあ

2018.05.19
ユーラシアウォッチ 楊海英

沖縄の次は北海道? 日本の無防備な国境に迫る中国

<王毅外相が示した李克強首相の訪日計画の狙いとは? 中東にも歴史にも無関心な日本政治は領土を守れるのか> イスラエルとパレスチナの度重なる衝

2018.05.01
ユーラシアウォッチ 楊海英

世界の脅威はテロから中ロへ、トランプ対中制裁の思惑

<対テロ戦争に乗じて国内弾圧を強め、独裁体制を固める中国とロシア。地政学的激動を恐れるアメリカと無邪気な日本> トランプ米大統領は3月22日

2018.04.16
ユーラシアウォッチ 楊海英

向かうところ敵なしの習近平に付ける薬もなし

<アメリカ大統領を気取った異例の憲法宣誓式の茶番――革命の大義も失い自分ファーストになり下がった中国の行方> 自らの名前を冠した思想が書き込

2018.04.03
ユーラシアウォッチ 楊海英

ローマ法王が中国と握手して「悪魔の取引」を結ぶ日

<カトリック信徒の増大に動揺した中国共産党は一転して懐柔に。バチカンは台湾の信徒と存在を見捨てるのか> 15年8月、私は台湾南部の先住民集落

2018.03.19
ユーラシアウォッチ 楊海英

日米豪印のインド太平洋戦略が、中国の一帯一路より愛される理由

<地政学を塗り替えるシーパワーの衝突。日本海をものみ込む中国の海洋進出の勝算は?> 中国から海と陸とでアフリカやヨーロッパまで延伸する巨大な

2018.03.05
ユーラシアウォッチ 楊海英

中国から消えた「尖閣」地図、無印良品を襲った焚書の炎

<日本企業のカタログに「釣魚島」がないと廃棄処分。かつての中国の地図も毛沢東も「日本領」と認めていたが......> 中国に進出し、世界的人

2018.02.17

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 6

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 7

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 8

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 9

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 10

    米朝会談「アメリカは高潔・聡明、敵はクレイジー」…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 5

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 6

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 9

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 10

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 8

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 9

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 10

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!