大塚智彦

インドネシア在住ジャーナリスト PanAsiaNews 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など

LGBT

インドネシア、警察が同性愛者に「男性復帰」を強制指導

2018.01.31
自然保護

タツノオトシゴの丸焼きがタイで炎上、一転保護へ

2018.01.26
インドネシア

Xmasのジャカルタは厳戒態勢 知事のせいで反キリスト教の火に油

2017.12.22
インドネシア

火山噴火に苦しむバリ島、必死の観光半額セール?

2017.12.20
失踪事件

シルク王ジム・トンプソン失踪の謎解きに終止符? マレーシア共産党による殺害説

2017.12.07
女性問題

インドネシア軍・警察の処女検査、 人権団体が廃止要求

2017.11.24
汚職事件

インドネシアの巨大汚職事件、事故偽装までして逃げ回った主役の国会議長ついに逮捕

2017.11.21
人質事件

武装組織が人質1300人、インドネシア・パプア州で謎の村落占拠事件

2017.11.15
少数民族

ASEANはなぜ議長声明からロヒンギャ問題を外したのか

2017.11.14
野生動物

新種のオランウータンを密猟と環境破壊から守れ

2017.11.06
フィリピン

マラウィ戦闘終結も戒厳令継続 イスラム過激派残党200人が国内潜伏か

2017.10.30
インドネシア

反LGBT気運が強まるインドネシア 外国人含むゲイら58人を逮捕

2017.10.10
バングラデシュ

ロヒンギャ取材のミャンマー人記者逮捕  バングラデシュ当局がスパイ容疑で

2017.09.22
フィリピン

家族思いのドゥテルテ比大統領、長男に麻薬組織関与疑惑

2017.09.11
インドネシア

有力な「証人」が米で不審死 インドネシア史上最大級汚職事件の闇

2017.08.21
インドネシア

南シナ海の一部海域に独自の新名称 インドネシアが中国に対抗

2017.07.25
東南アジア

インドネシア大統領も「超法規的殺人」を指示

2017.07.24
インドネシア

潜在的未成年性犯罪者の入国を許すな インドネシア 上半期で100人を阻止

2017.07.14
インドネシア

スタバvsイスラム団体 インドネシアでボイコット騒動

2017.07.10
フィリピン

ドゥテルテ比大統領就任1年で最大の試練、 ISとの戦闘に健康不安説も

2017.06.29

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 2

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の標的に

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    裁量労働制のどこがウソなのか?

  • 5

    銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙…

  • 6

    「世界の終わりだ」 KFCのチキンが消えてパニックに…

  • 7

    犬も鬱で死ぬ 捨てられたショックで心は修復不可能に

  • 8

    「ビットコイン、通貨として失敗に終わった」=英国…

  • 9

    犬の「うんちを食べる行為」の謎がついに解けた!?

  • 10

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 6

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 7

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 8

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 9

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 10

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月