松岡由希子

1973年生まれ。米国MBA(経営学修士号)取得。起業支援や経営戦略の立案など、経営のプロフェッショナルとして約10年にわたる実務経験を積んだのち、2008年、ジャーナリストに転身。欧米、アジアでの現地取材のもと、持続可能な社会づくりに向けた技術イノベーションや次世代ビジネスの動向を、グローバルな視点から追う。

虫歯治療

怖くて痛い虫歯治療に代わる、新たな治療法が開発される

2018.04.18
木星探査

おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

2018.04.16
脳科学

脳の自己再生力を高める細胞が新たに発見される

2018.04.12
宇宙

地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、われわれは孤独だった?

2018.04.09
サイエンス

ありふれているが特異な液体=水、その特異性の起源が明らかに

2018.04.06
動物

渡り鳥をナビゲートする「体内コンパス」の正体が明らかに

2018.04.05
人体

いまだにナゾだった関節がポキっと鳴るメカニズム、ついに解明に近づく

2018.04.04
人体

ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

2018.03.29
治療薬

「バイアグラが大腸がんのリスクを軽減する」という研究結果

2018.03.28
人工肉

「人肉を培養したら、共食いのタブーを克服できる」ドーキンス博士の発言が物議

2018.03.20
がん

ゾウの「ジャンクDNA」にがん抑制のメカニズムが存在することがわかった

2018.03.14
宇宙実験室

中国の天宮1号が大気圏に再突入、いよいよ迫る!? 日本北部も注意ゾーンに

2018.03.08
人体

「パートナーに手を握ってもらうと、痛みが和らぐ」

2018.03.07
子ども

モバイル端末の日常的な利用で、鉛筆を握れない子どもが増えている

2018.03.01
水分補給

「1日に水2リットル飲むとよい」はウソ? 

2018.02.27
中国

春節の中国 ハンドバッグとX線検査機の中へ入る女性の意図は?

2018.02.21
宇宙

宇宙に打ち上げられたイーロン・マスクのテスラが地球に衝突する可能性は11% しかし...

2018.02.16
宇宙

ロシアの宇宙ロケット企業が、宇宙遊泳体験を販売 

2018.02.07
発がん物質

「コーヒーには、発がん性のある化学物質が含まれています」という表示が義務づけ?

2018.02.05
認知症

「血糖値が高い人ほど認知機能が低下しやすい」との研究結果

2018.02.02

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打…

  • 5

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    世界で50年ロングセラーのバッグが、なぜ今の日本人…

  • 8

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月