河東哲夫

外交アナリスト、モスクワ大学ビジネススクール客員教授。
外交官としてウズベキスタン・タジキスタン駐在大使などを歴任。著書に『ロシア皆伝』などがある。

朝鮮半島

ゲームの勝者は金正恩か? ICBMで一変した北東アジア情勢

2017.08.24
インド外交

インドのしたたかさを知らず、印中対決に期待し過ぎる欧米 

[2017年8月 8日号掲載]

2017.08.05
世界経済

次の覇権国はアメリカか中国か 勝敗を占う「カネの世界史」 

[2017年7月25日号掲載]

2017.07.22
日本政治

危機不感症に陥った日本を世界の激震が襲う日 

[2017年7月11日号掲載]

2017.07.11
日本外交

北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の選択

2017.05.25
ロシア

デモにシリアに内憂外患、プーチン大統領再選に暗雲か 

[2017年4月25日号掲載]

2017.05.08
日本外交

トランプ豹変でプーチンは鬱に、米ロを結ぶ「スネ夫」日本の存在感

2017.03.10
欧州

トランプ時代の世界的波乱に、日欧枢軸は自由の防波堤となる 

[2017年1月17日号掲載]

2017.01.18
イデオロギー

崩壊から25年、「ソ連」が今よみがえる 

[2017年1月10日号掲載]

2017.01.06
中国

インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑 

[2016年12月 6日号掲載]

2016.12.06
アジア

不安定化する東南アジアと朝鮮半島、中国の朝貢体制が復活する?

2016.11.26
憲法

憲法70歳の改憲論議、対立軸は左右より世代間へ 

[2016年11月 8日号掲載]

2016.11.12
日ロ外交

プーチンの思うつぼ? 北方領土「最終決着」の落とし穴 

[2016年10月25日号掲載]

2016.10.21
中央アジア

ウズベキスタン独裁者の死はグレート・ゲームの導火線か 

[2016年9月13日号掲載]

2016.09.13
日本経済

格差の時代に「ヘリマネ」は日本を救うか 

[2016年8月 9日号掲載]

2016.08.09
日本経済

アベノミクスは敗北か「転進」か?円高が告げるインフレ目標の終焉 

円高は、金融政策偏重から財政政策重視へ移行するための格好の言い訳になる [2016年5月17日号掲載]

2016.05.17
対ロ関係

新世代と「ソ連根性」の対立。経済制裁下のロシアで見た明暗 

意外に豊かな街並みと市民の誇りを支えるのは 過去の原油高でためた資金と反政府派の人材難 [2016年3月15日号掲載]

2016.03.15
日本経済

日本をデフレから救うのは資本主義のモデルチェンジ 

過剰生産で物価が下押しされる先進国経済で目指すべきはインフレ率より成長率だ [2016年3月 1日号掲載]

2016.03.01
アジア

「中国キラー」インドの知られざる国内事情と思惑 

世界は中国の抑え役としてモディ政権に期待するが、インドは中国と張り合う一方で深い提携関係にもある国だ [2015年6月 2日号掲載]

2015.05.28
  • 1

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 6

    世界が知る「香港」は終わった

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月