World Voice

powerd_by_nw

England Swings!

ラッシャー貴子|イギリス

英国のコロナワクチン大作戦

(英国では今、3度めのロックダウンの中、コロナ終息への最速の方法としてワクチン接種が急ピッチで進められている)

英国は今、国全体が3度目のロックダウンに入っている。先月に変異ウィルスが見つかってから感染者が急増したのだ。今年に入って1日の感染者数が6万人、1日の死者が1500人を超えた日もあり、どちらも昨年を上回る最多記録になってしまった。ここ数日は数字がやや下がったものの、英国の50人に1人、ロンドンでは30人に1人が感染していると発表された時の衝撃は今も忘れられない。

11月からのロックダウン2.0は学校も開いていて全体にゆるかったが、今回は最初のロックダウンと同じくらいに規制が厳しい。学校も生活必需品以外の店も閉まって、飲食店も持ち帰りのみ。外出も運動、買い物、どうしても家でできない仕事などに限られて、都市部はもちろん、住宅地でもひっそり静まりかえって寂しい。

とはいえ、昨年12月、世界に先駆けてワクチンの接種が始まったことがこの国の大きな希望になっている。この1か月でワクチンの担当相を設け、医学生や技術のある人たちから注射を打つ有給ボランティアを募って準備を進めた英国では、史上最大のワクチン接種作戦、ただいま絶賛展開中だ。

クリニックや病院以外でもワクチンが受けられるように、特設会場が次々と設置されている。イングランドでは現在、産業展示場やスタジアムに設けられた大型の接種センターが10か所あり、町の薬局や教会も会場を提供し始めている。特設会場はまだまだ増える予定で、中には24時間体制で接種するところもあるそうだ。威勢のいい話を聞いているだけで目がまわりそうになるが、現場で働く方々を思うと、せめて健康でいることで協力しなければと身も引きしまる。

最近では感染者数とならんでワクチン接種済みの人数も毎日公表されるようになった。1月18日までに1度めのワクチンを打ち終わった人は全国で400万人以上に達していて、これは英国の人口約6,680万人の約6%にあたり、世界4位の接種率になるそうだ(1月14日付)。

(北ロンドンの特別接種センターの様子を伝える動画。このセンターでは1日に6,000人のワクチン接種をめざしていて、地域の病院のスタッフは週末もここで働いているそう。途中で注射をしているのは医学生、注射を受けていたのは偶然にも元お医者さん。最後の部分は「ワクチンは安全です」と接種を呼びかけるロンドン市長。2021年1月18日付NHSロンドンのツイートより)

ワクチン接種はすべてNHS(無料で治療を受けられる国民保健サービス)を通じて行われるので、まったくの無料だ。国が決めた優先順位にしたがって、かかりつけ医か病院から連絡がある。優先順位のトップになったのはもっとも重症になりやすい「老人介護施設の入居者とその介護者」で、次に「80歳以上の高齢者と前線で働く医療・介護者」。そこからは5歳ずつ年齢層が下がって、健康上の問題がある人は若くても早く順番が回ってくる。今は70歳以上に声がかかり始めている段階で、4月末までに50歳以上、秋には成人全体の接種を終わらせるのが目標だ。

現在英国で使われているワクチンはファイザーとアストラゼネカの2種類。すでに承認を受けているモデルナも近いうちに使われ始める。どれも3週間の間隔をあけて2度接種するように開発されたものだが、英国での接種はこの間隔を12週間に延ばして進められている。これは「最初のワクチンである程度の効果がある」からで、感染拡大を早く止めるには、ひとりひとりへの効果を確実に上げるより、少しでも多くの人に最初のワクチンを早く行き渡らせたいようだ。

わたしの周りでは、同じフラットの80歳以上の知り合いのお年寄りが7人とも最初のワクチンを受けて、ひと安心しているところだ。注射をすると日付、ワクチンの銘柄(2度目も同じワクチンを打つことになっているので)、次回の接種予定日などを書いたカードを渡される。中にはカードを持ち歩くように言われた人もいて、SF小説を想像してしまった。これからは「未成年の方お断り」じゃなくて「ワクチン未接種の方お断り」なんていう札ができたりして。

ツリー - 1 (1).jpg

(お役目を果たしたクリスツリーが家の前に転がるのは1月初めの風物詩。こうして業者や役所の回収を待つのだ。今年はコロナの影響もあるのか回収が遅れていて、いつまでも転がっているツリーがもの悲しい。筆者撮影)

自分の年齢や健康状態を入力して順番が回ってくる予定日を計算できるサイト(英国対象で英語のみ)で試してみると、50代のわたしが最初のワクチンを受けられるのは4月中旬ごろ。3週間ほど前に入力した時より1か月半も早まっていた。さすが大作戦、急ピッチで進んでいるようだ。

このワクチンは他よりもアレルギー反応が出る可能性が高いので、注射の後に15分ほどその場で待機することになっている。わがフラットのお年寄り対象アンケートによれば、7人のうちその場で体調が悪くなった人ゼロ、家に帰ってから頭痛がした人1人、夜に悪寒がした人1人、針のチクリさえ感じなかったという強者1人。今のところニュースで大きな問題は報じられていないが、SNSで見ていると接種後に頭痛、悪寒、発熱が出る人はわりと多いという印象だ。これはこの国の予防接種にはよくあることで、わが家でも病気しらずの夫がインフルエンザの予防接種の直後に高熱を出したことが2度あった。2、3日でよくなったが、予防接種で寝込むという話は日本ではあまり聞かないので、これでわたしは予防接種がちょっと怖くなってしまった。

Profile

著者プロフィール
ラッシャー貴子

ロンドン在住15年目の英語翻訳者、英国旅行ライター。共訳書『ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険』、訳書『Why on Earth アイスランド縦断記』、翻訳協力『アメリカの大学生が学んでいる伝え方の教科書』、『英語はもっとイディオムで話そう』など。違う文化や人の暮らしに興味あり。世界中から人が集まるコスモポリタンなロンドンの風景や出会った人たち、英国らしさ、日本人として考えることなどを綴ります。

ブログ:ロンドン 2人暮らし

Twitter:@lonlonsmile

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ