コラム

米国大統領選挙を見据えて、誰がポスト安倍の最も良い選択肢か

2020年09月04日(金)15時15分

石破元幹事長は防衛大臣としての経験を有している。この意味では一見して日米の防衛協力を進める重要な局面では良い選択肢のように見える。

ただし、7月2日に石破氏が「辺野古新基地の再検証求める」コメントをメディアに発表したことは、日米関係を円滑に進める上で大きな障害となるだろう。米国側はこの問題について蒸し返す日本の政治家に辟易しており、石破氏の主張がポジショントークではなく信念ならば確実に日米同盟に亀裂をもたらすだろう。

また、石破氏は防衛大臣の他は農林水産大臣、地方創生担当相しか経ておらず、経済に関係する重要閣僚の経験がない。世界中が経済政策面で協調してコロナ禍による危機から立ち直ろうとしている中、その見識に些かの頼りなさを感じる。また、トランプ・バイデン両政権でも貿易問題は引き続きテーマとなることは明白であり、その問題に十分に対応できる素養があるとは思えない。

日米同盟を円滑に強化していくためには

一方、菅官房長官はオバマ政権・トランプ政権の両政権に官房長官という政府の要職で対応してきた経験を持つ。安倍政権は官邸主導の外交・安全保障体制に移行しており、菅官房長官も民主党・共和党の外交・安全保障に関する知見を当然に共有していることが想定される。昨年には官房長官としては珍しい外遊をしており、ペンス副大統領らとの交友を深めている。

また、日米同盟を円滑に強化していくためには国内法制整備も重要である。菅官房長官は、外交・安全保障に関する法規整備の前面に立ち、2014年からは沖縄の基地問題に関しても沖縄基地負担軽減担当大臣として取り組んできた経験を持つ。また、直近では拉致問題担当相を兼ねており、日本独自の外交課題についての見識も有している。

官房長官は月例経済報告等を取りまとめる立場にあり、当面の経済・財政政策の安定的な運営の継続を認める点もマーケットにとっては安心材料となるだろう。今、景気の腰砕けを発生させる可能性がある首相の誕生は回避するべきであることは言うまでもない。それは世界的恐慌の引き金になりかねない愚挙であり日米同盟を揺るがす恐れがある。

したがって、外交・安全保障の観点に立てば、次期首相に相応しい人物は菅官房長官以外にはいない。内政の要とされる官房長官であるが、実は日米同盟強化の観点から菅官房長官が果たしてきた役割は大きい。

米国大統領選挙を見据えて、日本の首相に誰が選ぶべきであるのか。日本と東アジアの未来を左右する重要な決断となるだろう。

プロフィール

渡瀬 裕哉

国際政治アナリスト、早稲田大学招聘研究員
1981年生まれ。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。 機関投資家・ヘッジファンド等のプロフェッショナルな投資家向けの米国政治の講師として活躍。日米間のビジネスサポートに取り組み、米国共和党保守派と深い関係を有することからTokyo Tea Partyを創設。全米の保守派指導者が集うFREEPACにおいて日本人初の来賓となった。主な著作は『日本人の知らないトランプ再選のシナリオ』(産学社)、『トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体』(祥伝社)、『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか』(すばる舎)、『メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本』(PHP新書)、『2020年大統領選挙後の世界と日本 ”トランプorバイデン”アメリカの選択』(すばる舎)

ニュース速報

ワールド

OPECプラス、29日に非公式会合=関係筋

ワールド

米ウィスコンシン州の一部再集計、バイデン氏のリード

ワールド

米ロサンゼルス郡、新たなコロナ規制発表 社会的集会

ワールド

米政権、大統領選前の郵政公社の業務変更差し止め巡り

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 2

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 5

    【香港人の今3】「中国製でないほうが、品質がよくて…

  • 6

    【写真特集】いつかこの目で見たい、大自然が作った…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    習近平、人民解放軍に戦勝を指示「死も恐れるな」

  • 9

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 10

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 5

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 9

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 10

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!