コラム

美容整形大国の韓国を舞台に描く、「外見の美しさ」にとらわれる女性たちが抱く羨望と絶望感

2020年07月07日(火)14時40分
美容整形大国の韓国を舞台に描く、「外見の美しさ」にとらわれる女性たちが抱く羨望と絶望感

韓国の女性たちは幸せを手にするために美容整形への誘惑に駆られる JadeThaiCatwalk/iStock.

<登場人物の財閥御曹司やK-POPスターなどのリッチな男性の言動を通して、女性を同等の人間とはみなさない男性社会を辛辣に描いている>

今年4月に発刊された小説『If I Had Your Face』の作者フランセス・チャは、韓国系アメリカ人。若い女性の3人に1人が美容整形の手術を受けると言われる韓国を舞台に、同じアパートメントに住む4人の若い女性たちの苦悩を描く。

美容整形で美しくなったKyuriは、「トップ10%の最も美しい女性」だけを採用するという(日本の高級クラブに相当すると思われる)Room Salonでホステスをしている。ルームメイトのMihoは孤児院で育ったが、現在は新進のアーティストとして注目されかけている。貧乏だが、アートの才能を認められて奨学金でニューヨークに留学し、韓国に帰国後も奨学金でアートを続けている。

2人の部屋の向かいに住むAraは有名人にも指名されるほどの腕利きの美容師だが、子供時代の怪我で発話ができない。Araのルームメイトで幼馴染のSujinは、美容整形をして美しくなり、Kyuriと同じサロンで働くことを夢見ている。この4人の下の階に住むWonnaは、気が優しい夫と結婚しているものの、満たされない思いを抱えている。

彼女たちに共通するのは、生まれたときに与えられた不運な環境と、有名人や裕福な者への羨望、そして「どうあがいても良い暮らしはできっこない」という絶望感だ。

もし私があなたの顔を持っていたら......

Kyuriは美しさとチャーミングなやりとりでサロンで一番人気のホステスになり、超リッチな客に気に入られて高級バッグなどのプレゼントを受け取っている。サロンのマダムは客とのセックスを強要しないものの奨励はし、「借金」などの多様な方法でホステスが逃げないよう縛り付けている。

ゴシップ雑誌によく登場するK-POPの女性スターをみかけたKyuriは「あなたは、ものすごく多くのものを持っているし、やりたいことはなんでもやれる」「もし私があなたの顔を持っていたら、もっと上手にあなたの人生を生きてやるのに」と思う。友人の間では、冷静で辛辣だと見なされているKyuriだが、肉体関係を持ち、恋心も抱いていた裕福な客から酷い扱いを受けたときには深く傷つく。

ニューヨーク留学中に知り合った財閥の御曹司とつきあっているMihoは、Kyuriからハッピーエンドを信じているナイーブな女だとみなされている。恋人と対等であるために高価な贈り物をいっさい受け取らなかったMihoだが、彼が自分に隠れて浮気をし、同時に良家の娘との結婚を計画していたことを知ってからはKyuriより冷静に自分の将来に役立つ復讐を計画する。

有名なK-POPの男性スターに病みつきになっているAraは、ついにそのスターと会う機会を得るが、夢と現実との違いを見せつけられることになる。

両親から見捨てられ、預けられた先の祖母から虐待やネグレクトを受けて育ったWonnaには心優しい夫がいるのだが、かえって煩わしいと感じている。唯一の夢は自分が心から愛せる子供を持つことなのだが、これまで何度も流産を繰り返している。今回の妊娠だけは最後まで守りたいと思っているのに、職場では出産休暇を取れない状況になり、夫が失業していたことを隠していたことを知る。

<関連記事:美容大国の韓国でミスコン大炎上 審査廃止でも水着映像上映、伝統衣装をミニスカに

プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。2001年に小説『ノーティアーズ』(新潮社)で小説新潮長篇新人賞受賞。近著に『ベストセラーで読み解く現代アメリカ』(亜紀書房)、『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社)などがある。翻訳には、レベッカ・ソルニット『それを、真の名で呼ぶならば』(岩波書店)、『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社、日経ビジネス人文庫)、マリア・V スナイダー『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)がある。

ニュース速報

ワールド

スペイン、全土の緊急事態宣言を来年5月まで延長

ワールド

米最高裁、ノースカロライナ州の投票期限延長差し止め

ワールド

米国の西半分でコロナ感染まん延、積極的な防止策を=

ワールド

ハリケーン「ゼータ」が米南部上陸、倒木などで3人死

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 2

    米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が拘束、米側は亡命を拒絶?

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

  • 5

    新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

  • 6

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 7

    日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

  • 8

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 9

    中国共産党化する日本政治

  • 10

    コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこ…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 7

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!