コラム

ニューハンプシャー州の民主党大会で見えたポジティブな未来

2019年09月10日(火)20時15分
ニューハンプシャー州の民主党大会で見えたポジティブな未来

前回2016年の予備選の教訓から民主党の多くの候補者が指名候補への投票を呼び掛けている Gretchen Erti-REUTERS

<クリントン支持者とサンダース支持者の間で深い分断を残した前回予備選の教訓をふまえて、今民主党はその分断の傷を癒そうと動いている>

9月7日土曜日、大統領選のバトルグラウンド(決戦州)として知られるニューハンプシャー州マンチェスター市で州の民主党大会が行われ、19人の大統領候補がスピーチした。約1万人を収容できるSNHUアリーナはニューハンプシャー州で最も大きな会場なので政治イベントに使われることが多い。1カ月前にトランプ大統領がここでラリーを開いたときには、(トランプ陣営の公式発表では)会場内に1万1500人、会場に入れなかった者が約5000人いた。

土曜日の民主党大会は、根本的には州の民主党員を対象にしたものなので、一般向けに宣伝や通知はしていない。フロアに降りられるのは有権者の代理人として党大会で投票する役割の代議員(デリゲート)だけであり、それ以外のチケットは1カ月前には販売を停止していた。したがって満席ではなかったが、集まったのは各大統領候補の支援者や長年の民主党員など、一般有権者よりも現在の選挙や政治に関心がある人たちだ。彼らの意見は一般よりもやや極端になる傾向があるが、インフルエンサーなのでその言動は今後の全米の動きを予測するヒントになる。

午前7時会場で9時に開始した党大会では、19人の候補のスピーチのほかにも、民主党全国大会の議長や、州選出の上院議員、州議員などがスピーチを行う。合計38人のスピーチをすべて聞くにはマラソンに近い持久力が必要になる。終了予定は午後4時だが、遅れる可能性は高く、最後まで全員が残ることはないだろう。

そこで、候補のスピーチの順番が重要なファクターになる。この大会では先に主要候補を名字のアルファベット順で紹介することにしたようだが、基準に疑問を抱くこともあった。例えば、アンドリュー・ヤングが大会の最後のスピーカーだったことだ。アルファベットでは19人中最後なのだが、大会前の全米の世論調査では6位であり、次回の民主党ディベートの出場資格も得ている。有力候補のひとりであるヤングが、世論調査での支持が0%の候補や、トランプ大統領の弾劾を訴えて立候補したばかりの大富豪トム・ステイヤーの後というのは、不公平な扱いだった。ヤングが壇上に立ったときには、疲れ切った参加者の大部分がすでに立ち去っており、彼を知らない有権者が知る機会を奪われた残念なプログラムだった。

とは言え、この党大会は、約4年前に同じ会場で行われたイベントと比べ、民主党の将来を楽観視できる要素がかなりあった。

2015~16年にかけて、バーニー・サンダースの支持者を中心とした左派は、民主党首脳部やヒラリー・クリントンに対して不信感や敵意を募らせていた。2016年初頭のイベントでは、クリントンを支持する民主党全国大会委員長(女性)やニューハンプシャー州選出の上院議員(女性)に対してサンダース支持者の特に若い男性らが「ビッチ(メス犬)」といったヤジを飛ばし、スピーチが聞こえなくなる事態が発生した。彼らは民主党の首脳陣のスピーチを妨害した挙げ句、サンダース候補のスピーチが終わるやいなや、クリントンのスピーチは聞かずに会場を去った。

2016年の予備選ではクリントン勝利が明らかになった後でもサンダースが敗北を認めず、党大会の2週間前になってようやく支持を表明した。そして、本選では、サンダース支持者の10人に1人がトランプに票を投じた。特に、トランプの勝利を決定したのがミシガン、ウィスコンシン、ペンシルべニア州での僅差の勝利だった。これらのサンダース支持者が投票場に足を運んでいなければ、明らかにクリントンの勝利だったのだ。

プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。近著に『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)。新著に『トランプがはじめた21世紀の南北戦争:アメリカ大統領選2016』(晶文社、2017年1月11日発売)。

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 5

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 10

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!