コラム

トランプ政権下で起きている児童書の変化

2018年06月12日(火)17時00分
トランプ政権下で起きている児童書の変化

グラフィック・ノベル『Illegal』の作者オーエン・コルファー Yukari Watanabe/NEWSWEEK JAPAN

<移民、黒人、女性、性的マイノリティなどへの差別が表層化したことで、社会問題への若者の意識が高まっている>

毎年5月末ごろの3日間、アメリカ最大のブックフェアである「ブックエキスポ・アメリカ(Book Expo America, BEA)」が開催される。これは版権やライセンスの取引が中心の国際見本市であるフランクフルトやロンドンのブックフェアとは異なり、おもに出版社が図書館や書店の関係者を対象に発売予定の新刊をPRするイベントである。このイベントに毎年参加すれば、アメリカ出版業界のトレンドの変化が肌感覚でわかる。

たとえば、近年のYA(ヤングアダルト)部門の台頭だ。ヤングアダルトは、主に高校生のティーンを対象にしたジャンルのことだ。

2000年代前半までのBEA では、出版社はビジネス書や自己啓発本を含むノンフィクション、文芸書のPRに力を入れていた。だが、経済が下向きになり、出版不況の影響でBEAの効果が少ないと判断したビジネス書専門の出版社がブースを縮小するようになった。そのさなかにも勢いがあったのは『ハリー・ポッター』シリーズが刺激した児童書ファンタジーのジャンルだった。

そこに加わったスターがバンパイアの少年と普通の女子高生の恋愛を描いたYAファンタジーの『トワイライト』だった。2005年に初版が出版されたこのシリーズは、最初は口コミで広まっただけだが、2008年に映画化されてさらに読者層を広げた。2008年と2009年だけで全世界で5500万部、現在までにシリーズ総計で1億部以上が売れたという。

『トワイライト』の登場は、アメリカの出版業界に大きな影響を与えた。バンパイアや狼人間が登場する「パラノーマル・ファンタジー」というサブジャンルは以前から存在したが、大手出版社からは軽視されていた。だが、『トワイライト』でこのジャンルを知った読者が同様の本を求めるようになり、パラノーマル・ファンタジーのブームが到来した。さらに、『トワイライト』はティーン対象のYAファンタジーを大人の読者にまで広げた。

この時期からBEAのサイン会で、YAファンタジーの作家の列が最も長くなるのが目立ってきた。BEAに参加する図書館員や書店のバイヤーの大部分が女性だが、彼女たち自身がYAファンタジーのファンになっていたのだ。

読者を直接知る図書館員や書店のバイヤーの言動は出版社にとって重要な指標である。YAファンタジーが売れ筋のジャンルだと悟った大手出版社は、専門の部署を作り、制作だけでなくマーケティングにも力を入れるようになった。「パラノーマル」のブームは去ったが、『ハンガー・ゲーム』や『ダイバージェント』の「ディストピア」ものがそれに取って代わった。その後も、「魔法」や「王国での内戦」といった新しいテーマが毎年発掘され、今年のBEAでもYAファンタジーの人気はまったく衰えていなかった。

YA部門のもうひとつの売れ筋は、家族や友人との関係、初恋などを描いた「青春小説」のサブジャンルだ。映画化もされた『さよならを待つふたりのために』の作者ジョン・グリーンはこのサブジャンルの代表的作家である。YouTubeで教育的なビデオを提供しているグリーンには長年の根強いファンがおり、彼と弟がファンのためのイベントをニューヨークのカーネギーホールで行ったときには瞬時にしてチケットが売り切れになった。

このサブジャンルにも最近大きな変化がみられる。かつては、この「青春小説」で扱われる恋は「少年と少女」のものだった。しかし、最近では同性愛だけでなく、gender fluid(性認識が流動的な人)も含めたLGBTQ+全般が取り扱われるようになっている。

プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。近著に『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)。新著に『トランプがはじめた21世紀の南北戦争:アメリカ大統領選2016』(晶文社、2017年1月11日発売)。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 5

    エジプトのモルシ前大統領、法廷で倒れ非業の死

  • 6

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    日本の神様の名前は、なぜ漢字なのか、どんな意味が…

  • 9

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 10

    米イラン戦争が現実になる日

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 7

    日本の重要性を見失った韓国

  • 8

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 9

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!