コラム

灼熱の甲府盆地で「地名の由来」を考察する

2019年08月23日(金)18時00分
灼熱の甲府盆地で「地名の由来」を考察する

カラスの案山子もぐったり。真夏のぶどう畑にて=山梨県山梨市  撮影:内村コースケ

第11回 塩山駅 → 甲斐善光寺(甲府市)
<平成が終わった2019年から東京オリンピックが開催される2020年にかけて、日本は変革期を迎える。令和の新時代を迎えた今、名実共に「戦後」が終わり、2020年代は新しい世代が新しい日本を築いていくことになるだろう。その新時代の幕開けを、飾らない日常を歩きながら体感したい。そう思って、東京の晴海埠頭から、新潟県糸魚川市の日本海を目指して歩き始めた>

◆塩不足に苦しんだ甲斐の国に「塩の山」?

map1.jpg

「日本横断徒歩の旅」全行程の想定最短ルート :Googleマップより

map2.jpg

これまでの10回で歩いてきたルート:YAMAP「活動データ」より

勝沼のブドウ郷を歩いた前回の終盤、塩山駅の後方に小高い山が見えた。甲府盆地の縁に、背景の山々から独立してポツンと佇む山。それが「塩山」の地名の元になった「塩ノ山」だとはっきり分かったのは、後で地図を見直してからだ。甲府盆地を囲む1,000m級の山々と比べて明らかに控え目な低山ながら、進行方向にずっとそのちょこんとした三角形の姿が見え隠れしていたので、どうにも気になる存在だった。だから、今回塩山駅から旅を再開して、まっすぐ塩ノ山に向かった。

10_127.jpg

前回の旅の終盤、塩山駅の背後に見えた「塩ノ山」

JR中央本線塩山駅周辺の市街地は、2005(平成17)年に旧勝沼町と大和村と合併して甲州市になるまでの旧塩山市のエリアだ。「塩山」の地名は、この塩ノ山から来ているが、字面からはいかにも岩塩が採れそうである。しかし、実際に目にする夏の塩ノ山には青々と木が生い茂り、塩の気配は感じられない。そもそも、『伯方の塩』なら有名だが、『甲州の塩』なんて聞いたことがない。

「塩ノ山」の名前の由来には諸説ある。ストレートに<かつては岩塩が採れたから>という説もある。しかし、ある有名なことわざの由来を知れば、ますます眉唾ものだ。武田信玄が治めていた時代、ここ甲斐の国は塩不足に陥った。それを知った信玄のライバル、上杉謙信は、部下に命じて甲斐に塩を送らせた。この故事が、「敵に塩を送る(敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う)」ということわざの元になっている。塩ノ山が文字通り塩の山だったのなら、この塩不足のエピソードとはなんともチグハグな歴史である。

有力なのは、『古今和歌集』の<志ほの山 差出の磯に住む千鳥 君が御代をば 八千代とぞなく>という歌の「志ほ(しお)の山」が転じて「塩ノ山」になったという説だ。「差出の磯」とは、隣の山梨市にある笛吹川沿いの景勝地で、今も変わらずその名で呼ばれている。では、「志ほの山」という地名がどういう意味を含んでいるかというと、元は「四方の山」で、「四方どの方向からもよく見える山だから」という説がある。前回、塩山を目指して歩いていて、常に塩ノ山の存在が気になったことを振り返れば、納得のいく説である。ちなみに、この三角形の塩ノ山、ピラミッド伝説があるパワースポットだということも付け加えておこう。

190811_020.jpg

今回到達した塩ノ山山頂

プロフィール

内村コースケ

1970年ビルマ(現ミャンマー)生まれ。外交官だった父の転勤で少年時代をカナダとイギリスで過ごした。早稲田大学第一文学部卒業後、中日新聞の地方支局と社会部で記者を経験。かねてから希望していたカメラマン職に転じ、同東京本社(東京新聞)写真部でアフガン紛争などの撮影に従事した。2005年よりフリーとなり、「書けて撮れる」フォトジャーナリストとして、海外ニュース、帰国子女教育、地方移住、ペット・動物愛護問題などをテーマに執筆・撮影活動をしている。

ニュース速報

ビジネス

米住宅着工件数、10月3.8%増 許可件数12年5

ワールド

ロシア、協調減産拡大に反対 現行維持は賛同=関係筋

ビジネス

足元の金利は適切、物価目標の持続的達成は間近=NY

ワールド

トルコ大統領「ロシア製ミサイル破棄せず」、トランプ

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 2

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っている

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 5

    米中貿易協議は既に破綻しかけている

  • 6

    香港デモ、理工大キャンパスがまるで「内戦」

  • 7

    モンゴルでマーモットの生肉を食べた夫婦がペストに…

  • 8

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 9

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 3

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 8

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!