コラム

安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

2020年09月19日(土)13時15分
石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

安倍首相の約8年の政権運営全般を素晴らしいとは言わないが Akio Kon-Bloomberg/GETTY IMAGES

<持病が悪化して辞任を表明した安倍首相に対して、日本の世論の論調は冷たすぎる>

安倍晋三首相が辞意を表明した。次の首相は誰になることか。この号が発売になる頃にはもう決定していることだろう。

安倍首相の持病である潰瘍性大腸炎が悪化しているらしい、というニュースが流れてから、前回2007年に総理が辞任したときと同様に潰瘍性大腸炎についての解説がマスコミで流れるようになった。

私事ではあるが、私の娘にも消化器の慢性疾患があり、発病してから定期的に通院している。特効薬もなく、食事内容を調整する対症療法のみで、完治した例はないと医師には言われている。何度か悪化して入院もした。病棟の同じ階には消化器の疾病で入院している子どもたちがたくさんいて、その中の多くは、安倍首相と同じ潰瘍性大腸炎や、大腸以外にも潰瘍が広がるクローン病を患っている子どもたちだった。

マスコミで解説されているように、これらの病気はいまだに難病で、改善や寛解が認められる患者もいるが、完治させる方法はないとされている。子どもたちの入院も長くなることがあり、そのような子は院内の特別支援学校で授業を受けている。食事ができる子がいる一方で、症状が重い子は固形物や繊維質・脂質の摂取を避けるために、液体状の専用栄養剤で必要なカロリーを取っている場合も多い。私の娘もしばらくはそうした栄養剤で過ごしていた。

完治しない病気はたくさんある

娘は担当医の皆さんのご尽力のおかげで、今のところ食事以外は普通の生活に戻れている。だが多くの子どもたちが同様の病気で苦しんでおり、非常に切ないものがある。5G回線で大量の情報を一瞬でやりとりでき、火星探査までできる時代であるのに、人間の体内にはまだ分からないことがたくさんあり、完治しない病気がたくさんあるのだ。

私は決して安倍首相の約8年間の政権運営全般を素晴らしいものだったとは言わない。新型コロナウイルス対策にも言いたいことはある。しかし、それでも今回の辞任表明に対する論調は冷た過ぎると感じる。彼は自分の意思で政治家になり首相になったのだから、馬車馬のように働いて当然、健康も私生活も顧みられなくて当然、死ぬ気で働いて当然。多くの日本人はそんなふうに考えているのだろうか。

彼は曲がりなりにも、約8年間も身を粉にして総理大臣を務めてきた生身の人間である。彼の政治的野心や実績は脇に置くにしても、持病の悪化を押して務めに当たってきたのはどれほどつらいものか、そのせいで辞任するのはどんなに悔しいものか、想像するに余りある。病気は彼のせいではない。それを「溺れる犬は石もて打て」とばかりに責め立てるのは、人として冷酷過ぎると私は思う。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

ニュース速報

ビジネス

テスラ、第4四半期は利益が予想下回る 納車目標曖昧

ビジネス

米国株は過去3カ月で最大の下げ、FOMC声明受け

ビジネス

FOMC声明全文

ワールド

バイデン氏、気候変動対応へ大統領令 外交・国家安全

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    26歳で死んだソン・ユジョン、売れないと悩んでいた

  • 2

    トランプが新党を立ち上げればアメリカの第2政党になる

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    オバマのお気に入りは「エリート」な日本製の水性ボ…

  • 5

    「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

  • 6

    日本の首相の言葉はどうして心に響かないのか?

  • 7

    「小学校の図書室に歴史修正主義の本があります」ど…

  • 8

    ナワリヌイ釈放要求デモはロシアをどう変えたか

  • 9

    韓国の次世代空母導入で変わる北東アジアの勢力図

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!