コラム

ドイツ発のモバイルバンク「N26」は、欧州キャッシュレス化の震源地

2020年11月05日(木)17時00分
ドイツ発のモバイルバンク「N26」は、欧州キャッシュレス化の震源地

世界のモバイルバンクの先陣となったN26は、7年前にベルリンで創業された...... ©N26

<世界のモバイルバンクの先陣となったN26は正式な銀行ライセンスを取得したドイツの銀行で、25カ国に広がる500万人以上の顧客を魅了している......>

モバイル世界のためのデジタル銀行

数年前まで「銀行」は、都市の中心に大きなオフィスを構え、律儀なスーツを着た人々がいる場所だった。銀行は長い間、保守的な考えの砦であり、そこに革新性を感じることはなかった。

しかし、2008年のリーマン・ショックが明らかにしたのは、世界中のメガバンクが株式、債券、デリバティブなどの「カジノ」投資のトレーダーであり、金融工学の覇者であったということだ。これをきっかけに、個人のお金を守り、その適正な運用に焦点をあてた技術者たちの「目覚め」が、フィンテック(金融情報技術)のイノベーションを加速させた。

現在、チャレンジャー・バンクと総称されるモバイルバンクは、欧州の数多くのフィンテック・スタートアップによって運営され、日常的な銀行の世界に新しいアイデアとイノベーションをもたらしている。世界のモバイルバンクの先陣となったN26は、7年前にベルリンで創業された。

N26はスマートフォンに直接接続する銀行だ。人々が必要とする最も一般的なサービスを提供する、新しい金融サービス・プロバイダーの先駆者でもある。N26は、EU居住者であれば、パスポートと携帯番号、住所登録によるオンラインID認証で、8分で銀行口座が開設できることを売りにしてきた。事実、筆者の場合は5分で口座開設が可能となり、N26マスターカードは2日で自宅に郵送されてきた。

21世紀の銀行改革

モバイルバンキングの標準は、N26によって作られたと言っても過言ではない。N26は正式な銀行ライセンスを取得したドイツの銀行で、25カ国に広がる500万人以上の顧客を魅了している。創業者のValentin StalfとMaximilian Tayenthalは、制度的で機能不全に陥ったままの業界に新たな基準を設けるため、2013年にN26を立ち上げた。

takemura1105a.jpg

2017年6月15日、ベルリンのイノベーション・ハブ「Factory」で開催されたフィンテック・シンポジウム。銀行を変えるゲームチェンジャーとしてN26の創業者のひとり、Maximilian Tayenthal(左から2人目)が登壇した。©Factory Berlin

N26(Number 26)という企業名は、複雑なルービックキューブの最小の解法といわれている「26手」に由来する。彼らのビジョンは、最新のテクノロジーを駆使して、お金の管理方法を変革し、複雑な銀行業務を簡易にする「解法」をユーザーに提供することだった。

N26は創業以来、ベルリン、バルセロナ、ウィーン、ニューヨーク、サンパウロにオフィスを構え、80カ国にまたがる1,500人以上の従業員を擁するチームに成長した。2019年夏、米国への市場参入を開始したN26は、わずか5ヶ月で25万人の顧客を獲得した。今後はブラジルを主要な市場として捉えている。

デジタル・バンキングと自己主権

N26の銀行口座には、世界中で利用できる無料のマスターカード/デビットカード(預金口座と紐付けられた決済用カード)が付いてくる。N26の口座はGoogle PayやApple Payにも対応しており、店舗での支払いはもちろん、オンライン・ショッピングでも電子決済を利用できる。

カードの紛失や盗難の場合、これまでは銀行やクレジットカード会社に電話して口座のロックを依頼していたが、N26 はそれらをユーザーの自己主権に変更した。個人の手元で自身のお金のすべてを管理ができることが革命のはじまりだった。

N26のアプリ内では、毎日の利用限度額や出金限度額の設定や変更、カードのロックやロック解除、オンラインや海外での支払いの有効化や無効化、暗証番号のリセットなどをスマホやPCから自分の手で即座に行うことができる。N26アプリに内蔵された機能を使えば、19種類の通貨で送金することもできる。その手数料は、従来の銀行と比較して最大6倍の節約が可能である。

筆者がN26を使いはじめたのは3年半前のことだが、当初からその使い勝手のよいユーザー・インターフェイスに魅了された。当時、何より驚きだったのは、カードでの支払い、ATMでの引き出し、口座からの引き落とし、送金やお金の受け取りなど、すべてはスマホへのリアルタイム・プッシュ通知機能によって、口座に出入りするすべての取引を追跡でき、お金の引き出しや入金、振込など、いつでも最新情報を確認できることだった。

プロフィール

武邑光裕

メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Lifeフェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)などがある。新著は『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)。現在ベルリン在住。

ニュース速報

ワールド

インドネシアの地震、死者78人に

ワールド

バイデン氏、就任初日に多数の大統領令に署名 パリ協

ビジネス

次期米財務長官候補イエレン氏、ドル安目指さないと明

ワールド

バイデン氏のコロナワクチン投与目標、達成可能=ファ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 2

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知するパルスオキシメーターは必須アイテムだ

  • 3

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に届かず不安にさせる理由とは

  • 4

    暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち…

  • 5

    英首相ジョンソン、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

  • 8

    メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

  • 9

    窮地の文在寅に金正恩から「反日同盟」の危険な誘惑

  • 10

    「現代版スターリン主義者」習近平が踏み出した相互…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!