注目のキーワード

スキャンダル

Newsweekアーカイブ『スキャンダル』に関する記事一覧

        
バチカンが認めた「隠し子」マニュアルの存在
for WOMAN

バチカンが認めた「隠し子」マニュアルの存在

バチカンのカトリック教会を、再びスキャンダルが襲った。独身を誓ったはずの神父が子供を儲け...

2019.05.23
韓国・大韓航空、チョ・ヤンホ会長の取締役再任案を僅差で否決 「ナッツ事件」以降の不祥事響く
財閥

韓国・大韓航空、チョ・ヤンホ会長の取締役再任案を僅差で否決 「ナッツ事件」以降の不祥事響く

韓国の大韓航空が27日開催した株主総会で、趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長兼最高経営責任者(CEO)の取締...

2019.03.27
SNSで自滅する自撮り首相トルドー、スキャンダルで進歩主義イメージが...
カナダ

SNSで自滅する自撮り首相トルドー、スキャンダルで進歩主義イメージが...

<カナダのトルドー政権が選挙イヤーに失速。多様性・男女同権の旗手だったが、ソーシャルメディア戦略に溺...

2019.03.18
        
ゲーリー・ハートで考える「政治家の不倫はOK?」
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

ゲーリー・ハートで考える「政治家の不倫はOK?」

<政治家の不倫が無視してもらえなくなった転換点は、88年米大統領選の最有力候補だった男のスキャンダル...

2019.01.24
        
世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器」の持ち主の正体が判明!
for WOMAN

世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器」の持ち主の正体が判明!

<オルセー美術館に展示されている、ギュスターブ・クールベ作「世界の起源」。152年間、世界中に衝撃を...

2018.10.11
「性的暴行ホットライン」への相談電話急増...全米が注目した公聴会を観て
セクハラ

「性的暴行ホットライン」への相談電話急増...全米が注目した公聴会を観て

<連邦最高裁判事候補から性的暴行を受けたと告発した心理学教授と、判事候補本人がそれぞれ、上院司法委員...

2018.10.01
トランプが最高裁判事候補に指名した「童貞」発言のカバノーは、集団レイプも計画していた?
米最高裁

トランプが最高裁判事候補に指名した「童貞」発言のカバノーは、集団レイプも計画していた?

<2人の女性から性的暴行で告発され、指名承認が危うくなったカバノー。テレビに出て、問題の時期にはまだ...

2018.09.26
「#MeToo」運動を率いた女優のとんだ性癖
性的暴行

「#MeToo」運動を率いた女優のとんだ性癖

<ハリウッドの大物プロデューサー、ハービー・ワインスタインによる性的暴行を最初に告発した一人だが、1...

2018.08.22
        
【森友決済文書改ざん】財務省報告書はフェアだと思う
転機の日本経済 小幡 績

【森友決済文書改ざん】財務省報告書はフェアだと思う

<大蔵省にいたから言うのではないが、これほど率直かつ誠実な報告書は珍しい。すべての経緯が非常によくわ...

2018.06.06
財務省、森友交渉記録「ウソの答弁に合わせ」改ざんと同時に廃棄
日本政治

財務省、森友交渉記録「ウソの答弁に合わせ」改ざんと同時に廃棄

財務省は23日、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する資料を国会に提出した。佐川宣寿前国税庁長官...

2018.05.23
英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら