注目のキーワード

がん

ニューズウィーク日本版『がん』に関する記事一覧

やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質
ヘルス

やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

<皮膚や涙管、目や口から体内に入り、永遠に蓄積されていく「フォーエバー・ケミカル」が野放しになってい...

2021.06.17
コロナ禍で持病の治療は延期すべき? 死亡リスクを比較してくれるアプリが登場
世界の最新医療2021

コロナ禍で持病の治療は延期すべき? 死亡リスクを比較してくれるアプリが登場

<コロナ感染を恐れて癌などの治療を延期した場合、死亡リスクはどれだけ高まるのか。早期の治療は感染リス...

2021.04.01
        
子宮頸がんのセルフ検査、ロンドンで試験的に運用開始
for WOMAN

子宮頸がんのセルフ検査、ロンドンで試験的に運用開始

<イングランドの国民保健サービス(NHS、英国の国民健康保険制度)は、ロンドンで3万1000人強を対...

2021.03.01
がんを発症の4年前に発見する血液検査
医療

がんを発症の4年前に発見する血液検査

<胃がん、食道がん、大腸がん、肺がん、肝臓がんを、従来より4年早く発見する血液検査法が見つかった> ...

2020.07.22
ヘアカラーと縮毛矯正に潜む乳がん発症リスク
ヘルス

ヘアカラーと縮毛矯正に潜む乳がん発症リスク

<定期的に髪を染めたり縮毛矯正をしている女性は、乳がんの発症リスクが高くなる。カラー剤などに発がん性...

2019.12.04
        
幼い息子が癌で目を失った......スマホの写真から病気を発見するアプリを父親が開発
for WOMAN

幼い息子が癌で目を失った......スマホの写真から病気を発見するアプリを父親が開発

<写真から「白色瞳孔」の初期症状をチェック。撮りだめしたわが子の笑顔を活用しよう> 幼い息子が癌で...

2019.10.23
がん患者の42%が診断から2年で資産を使い果たす:米統計
AI vs. 癌

がん患者の42%が診断から2年で資産を使い果たす:米統計

<世界で約6人に1人が癌で亡くなっている。アメリカを中心に、癌治療にまつわるお金のあれこれを調べてみ...

2019.10.18
がん治療により効果的で安全な薬を開発する、特許取得済みAIシステム
AI vs. 癌

がん治療により効果的で安全な薬を開発する、特許取得済みAIシステム

<新薬開発プロセスの効率化で、少しでも早く安全な癌の治療薬を届けようとしているバイオテクノロジー企業...

2019.10.16
がん診断に欠かせない病理医とは? 病理学を知るとどんなメリットが?
対談

がん診断に欠かせない病理医とは? 病理学を知るとどんなメリットが?

<分かりやすい病理学の本がベストセラーになった仲野徹氏と、「病理学とがん」の分かりやすい本を出版した...

2019.09.06
難治がんの記者が伝えたい「がんだと分かった」ときの考え方
BOOKS

難治がんの記者が伝えたい「がんだと分かった」ときの考え方

<2人に1人ががんになる時代、考えることを先送りすべきではない――。2016年1月に膵臓がんと診断さ...

2019.05.07

人気ランキング

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice