最新記事

ドラマ

朝ドラの深津絵里がスゴい! 18歳のサッチモちゃんを演じる彼女が称賛される理由は?

2022年1月17日(月)07時54分
木村 隆志(コラムニスト、人間関係コンサルタント、テレビ解説者) *東洋経済オンラインからの転載
深津絵里

13年ぶりの連ドラレギュラー出演でも盤石の演技で視聴者を釘付けにしている深津絵里 REGIS DUVIGNAU - REUTERS

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」(NHK)で2代目ヒロインを務める深津絵里さんへの称賛が続いています。

同作は「約半年間を3人のヒロインがリレーする」という異例の構成であり、初代ヒロインを上白石萌音さんが務めた「安子編」が終了したのは、昨年12月22日放送の第38話。翌23日の第39話から深津さんが2代目ヒロインを務める「るい編」がスタートしましたが、すぐに視聴率が上がったほか、連日メディアの記事と視聴者のSNSの両方で彼女を称える声が上がり続けているのです。

ネット上の声は、「やっぱり演技がうまい」「透明感が凄い」「40代で10代を演じられることに驚き」「ひさびさに見たけどかわいさは変わっていない」「毎日見られるのがうれしい」などのポジティブなものばかりで、これほど称賛一色なケースはなかなか見られません。

深津さんが連ドラにレギュラー出演するのは、2008年の「CHANGE」(フジテレビ系)以来、約13年ぶりで、連ドラ主演は2005年の「スローダンス」(フジテレビ系)以来、約16年ぶり。単発ドラマにもほとんど出ず、近年は映画にも出演していなかっただけに、「ひさびさに深津さんの姿を見た」という人が多かったようです。

視聴者は過去の輝きを知っているだけに、ひさびさの出演では「劣化」などと揶揄されやすく、しかも「実年齢より約30歳も若い女性を演じる」という難役でした。そんな難しい仕事であるにもかかわらず、なぜ深津さんは「やっぱりうまい」と言われているのでしょうか。

重苦しいムードを一変させた「ふかっちゃん」

「深津絵里はやっぱりうまい」という声が上がっている理由として、まず挙げておきたいのは、「カムカムエヴリバディ」のストーリー。

「安子編」は中盤以降、戦況の悪化とともにシリアスな作風に一変しました。ヒロインの安子(上白石萌音)は、「母・小しず(西田尚美)と祖母・ひさ(鷲尾真知子)を空襲で失い、父・金太(甲本雅裕)も戦後すぐに命を落とし、夫・稔(松村北斗)の戦死が知らされ、帰還した兄・算太(濱田岳)にも裏切られ、最愛の娘・るいとも生き別れてしまう」という重苦しいムードが続いたまま、突然「安子編」は終了。

視聴者から「かわいそうで見ていられない」という声が上がり続けていたところに、「こんな悲しい終わり方なの?」という戸惑いが加わり、継続視聴を拒むような声もありましたが、それを食い止めたのが2代目ヒロイン・深津さんでした。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=S&P下落、テスラなどグロース株に売

ワールド

世界食料事情、G7ロシア孤立化政策で悪化=ロシア外

ビジネス

NY外為市場=ドル、20年ぶり高値から下落 中国指

ビジネス

FRB、将来的にMBS売却検討の公算=NY連銀総裁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 2

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプチューン」が戦局を変えた

  • 3

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 4

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 5

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 8

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 9

    NATO加盟で腹をくくったフィンランド、マリン首相は…

  • 10

    「体育座りは体に悪い」という記事でもっと気になっ…

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカから見た『はじめてのおつかい』

  • 4

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 5

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 8

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13歳少女を、今度は警官が強姦

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 6

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 7

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 8

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月