最新記事

動物

茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

2021年12月1日(水)17時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
ゾウ

「マスト期」には、テストステロンの値が通常の約60倍に(写真はイメージです) Aberson-iStock

<サファリカーは激しく破損。一刻を争う車両内で撮影された映像が話題に>

南アフリカの国立公園で、サファリカーがゾウに襲われる事件が発生した。至近距離で撮影されたゾウの狂気が、ネットユーザーを震撼させている。

映像のはじめ、前方にはゾウの群れが確認できる。すると、左手の茂みから1頭のゾウが姿を現す。次の瞬間、車両に向かって突進してきた。ゾウは一度止まったように見えたが、足を踏ん張り、車両を押し始めた。

離れたところから撮影された2つ目の映像を見ると、現場の様子がさらによく分かる。ゾウの襲撃を受けた車両に乗っていた数人が、撮影者の方へと必死に走って逃げてくる。ツアーガイドも「車から出ろ!」と叫ぶ。

クルーガー国立公園内にある保護区で行われたこのサファリは、ガイドを養成する「エコ・トレーニング」によって実施された。そのなかで、インストラクターと研修生らは繁殖中のゾウの群れに遭遇。彼らは動物を観察し、刺激しないために停車したという。

攻撃的な「マスト期」のオス

ゾウのオスには、テストステロン(男性ホルモン)の値が通常の約60倍にもなる「マスト期」と呼ばれる時期があり、この間は非常に攻撃的になる。サイを襲ったり、村に入り込んで農作物を荒らすこともある。

団体の声明によると、遭遇したゾウはマスト期にあった可能性が高いという。ゾウの突進によってサファリカーは破損したが、幸いにも怪我人は発生しなかった。事件後、関係者は全員、専門家によるカウンセリングを受けたとエコ・トレーニングは述べている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、17日に発射したのは戦術誘導弾 標的に命中

ワールド

ジョンソン英首相、封鎖下の官邸パーティーを事前に承

ワールド

UAE首都で燃料トラック爆発、3人死亡 フーシ派が

ビジネス

カナダ企業、人材不足や賃金圧力の強まり指摘=中銀調

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて危うく搭乗拒否の騒ぎに

  • 4

    南極に引っ越す人が、事前に必ず受けなければならな…

  • 5

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得な…

  • 6

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 7

    賢い人はそう答えない......「相手をがっかりさせる人…

  • 8

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 9

    習近平のメンツ丸つぶし 欧州「中国離れ」に火をつけ…

  • 10

    エセ科学を信じるジョコビッチの無責任

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援に感動の声

  • 4

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 7

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 8

    人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、…

  • 9

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 10

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日本人がシリア警察をボコボコにしたから

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 6

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 7

    透明な頭部、極めて珍しい深海魚「デメニギス」の姿…

  • 8

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 9

    歴史上初めて、探査機が太陽に「触れた」

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月