最新記事

「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」との調査結果

2021年11月30日(火)18時50分
松岡由希子

「犬の1日1回の食事は全身の健康増進と関連がある」Sadeugra -iStock

<1日1回食事する犬は、1日2回以上食事する犬に比べて、認知機能障害を示すスコアが低いことがわかった>

「1日1回だけ食事する飼い犬は、1日2回以上食事する犬と比べて加齢性疾患のリスクが低い」との調査結果が明らかとなった。

犬の加齢について研究する米ワシントン大学やテキサスA&M大学らのプロジェクト「ドッグ・エイジング・プロジェクト」は、あらゆる犬種、年齢、大きさの飼い犬のデータを2019年から収集している。

「犬の1日1回の食事は全身の健康増進と関連がある」

プロジェクトでは、2019年12月26日から2020年12月31日までオンラインでアンケート調査を実施。飼い犬2万4238匹の健康状態を調査するとともに、1万474匹に認知機能を測定する行動調査を行った。一連の研究成果をまとめた査読前論文が「バイオアーカイブ」で公開されている。

その結果、1日1回食事する犬は、1日2回以上食事する犬に比べて、認知機能障害を示すスコアが平均0.63ポイント低い。また、胃腸、歯、口腔、腎臓、泌尿器、肝臓、すい臓への機能障害が起こる割合も低かった。研究チームは、一連の調査結果をふまえて「犬の1日1回の食事は全身の健康増進と関連がある」と考察している。

1日のうち食事する時間帯を制限する「断続的断食(IF)」は、日本でも広く話題となってきた。南カリフォルニア大学の研究チームは、2021年1月に発表した研究論文で「ヒトが断食と摂食の時間を交互に繰り返すと、老化、糖尿病、自己免疫、心血管疾患(CVD)、神経変性、がんのリスク要因にプラス効果がある」ことを示す一方、「すべての方法が一様ではなく、プラス効果が限定的なものや、副作用をもたらすものもある」と指摘する。

オオカミは数日間、何も食べずに過ごすが......

犬はオオカミから進化した。オオカミはしばしば獲物が見つかるまで、数日間、何も食べずに過ごすため、食事の頻度を制限することは犬の健康にも有益なのかもしれない。しかし、今回の調査結果では、その因果関係が示されていない。また、それぞれの犬が何を食べ、どれくらいのカロリーを摂取したのかも不明だ。

現時点では、米国の愛犬家団体「アメリカンケネルクラブ(AKC)」や多くの獣医師会が、犬に1日2回、餌を与えるよう推奨している。


今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

カナダ、ファイザー製コロナ経口薬を承認 18歳以上

ワールド

北朝鮮、17日に発射したのは戦術誘導弾=KCNA

ワールド

米英、ウクライナに兵器供給へ ロシアの軍備増強に対

ワールド

ロシアがウクライナ侵攻なら代償、外交的な解決望む=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて危うく搭乗拒否の騒ぎに

  • 4

    南極に引っ越す人が、事前に必ず受けなければならな…

  • 5

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得な…

  • 6

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 7

    賢い人はそう答えない......「相手をがっかりさせる人…

  • 8

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 9

    習近平のメンツ丸つぶし 欧州「中国離れ」に火をつけ…

  • 10

    エセ科学を信じるジョコビッチの無責任

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援に感動の声

  • 4

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 7

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 8

    人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、…

  • 9

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 10

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日本人がシリア警察をボコボコにしたから

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 6

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 7

    透明な頭部、極めて珍しい深海魚「デメニギス」の姿…

  • 8

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 9

    歴史上初めて、探査機が太陽に「触れた」

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月