最新記事

イグノーベル賞

サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

2021年9月21日(火)17時20分
松岡由希子

サイを逆さ吊りにしたときの肺や代謝への影響を検証する実験が「イグノーベル賞」を受賞した─WWF Rhino Airlift 2019- YouTube

<米コーネル大学を中心とする国際研究チームは、12頭のクロサイに鎮静剤を投与し、約10分間クレーンから足で宙づりにする場合と横向きに寝かせる場合で呼吸機能や代謝を比較した>

1991年に米ユーモア系科学雑誌「アナルズ・オブ・インプロバブル・リサーチ」によって創設された「イグノーベル賞」は、ノーベル賞のパロディー版としても知られ、人々を笑わせ、考えさせたユニークな研究プロジェクトを毎年表彰している。2021年9月には、サイを逆さ吊りにしたときの肺や代謝への影響を検証する実験が「イグノーベル賞」を受賞した。

サイは生理学的に繊細で、深刻なストレスをもたらすおそれ

世界には5種のサイが現生しているが、生息地の破壊や角を目当てとする密猟などにより、いずれも絶滅の危機に瀕している。たとえば、野生のシロサイの個体数は2万頭と推定され、クロサイはわずか5000頭にまで減少している。

サイの保護活動として、除角や人工授精による繁殖のほか、保護区への移植が行われている。陸路でアクセスしづらいエリアにサイを輸送する際は、足から宙づりにしてヘリコプターで空輸する手法がしばしば用いられてきたが、この輸送方法がサイにどのような影響を及ぼしているのかは明らかにされていなかった。一般に、ゾウやキリン、サイなどの大型哺乳類は生理学的に繊細で、捕獲から移植までのプロセスが深刻なストレスをもたらすおそれもある。

米コーネル大学を中心とする国際研究チームは、12頭のクロサイに鎮静剤を投与し、約10分間クレーンから足で宙づりにする場合と横向きに寝かせる場合で呼吸機能や代謝を比較した。

足で宙づりにしても呼吸機能を損なうことはなかった

2021年1月18日に学術雑誌「ジャーナル・オブ・ワイルドライフ・ディジーズ」で発表された研究論文によると、足から宙づりにしたときのクロサイの動脈血酸素分圧(PaO2)の平均値は42mmHg(ミリ水銀)で、横たわったときよりも4 mmHg高かった。

また、足から宙づりにしたときの動脈血二酸化炭素分圧(PaCO2)の平均値は52mmHgで、横たわったときよりも3 mmHg低かった。なお、二酸化炭素排出量(VCO2)の平均値はいずれの体勢でも2mL/kg/分であった。つまり、クロサイを足から宙づりにしても、横向きに寝かせる場合と比べて呼吸機能を損なうことはなく、むしろガス交換はわずかに増加した。

2021年のイグノーベル賞では、この研究成果のほか、歩きながらスマートフォンを操作する「歩きスマホ」の人が歩行者集団に与える影響を明らかにした京都工芸繊維大学の村上久助教らの研究チームなど、合わせて10グループが表彰されている。

WWF Rhino Airlift 2019

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

仏消費者信頼感指数、10月は99に低下 物価上昇を

ビジネス

オープン外債に慎重、円金利資産減少 超長期債は購入

ビジネス

ユーロ圏企業向け融資、9月は伸び加速 なおコロナ前

ワールド

香港議会、映画の検閲強化する条例可決 「国家の安全

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけられた「デブ穀物」その実態とは

  • 3

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 6

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 7

    トヨタが半導体不足で減産する一方、テスラが生産台…

  • 8

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 9

    「眞子さまは海外脱出を選ぶしかなかった」 反論でき…

  • 10

    「クアッド」とは何か:安倍前首相が提唱し、豪州が…

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 3

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 6

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 9

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 10

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月