最新記事

健康

「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を防ぐとの研究結果

Be a Better Listener

2021年9月15日(水)20時39分
サマンサ・ベルリン
会話

解決策やうまい返事がなくても構わない、大切な人の話に耳を傾けよう LJUPCO/ISTOCK

<話を聞いてもらうだけで認知症のリスクも減る。家族や友人と支え合う「サポーティブ・リスニング」の効用>

リアリティー番組を見てつらさを紛らわせる、ランニングで「幸福ホルモン」を分泌する、親友に愚痴を言うなど、私たちの心はさまざまなものからサポートを得ている。

こうした社会的な支えは健康に良いだけでなく、アルツハイマー型などの認知症のリスクを減らすことが分かっている。米国医師会のオンラインジャーナル「JAMAネットワーク・オープン」に掲載された研究によると、心の内を吐き出したいときに、積極的に聞いてくれる友人や家族がいることは、認知的レジリエンス(回復力)を高めることにも役立つという。

認知的レジリエンスとは、加齢が進んでも高い認知能力を維持する能力のことだ。認知的レジリエンスの低下は認知症や、脳の機能や思考プロセス、記憶力が低下する疾患と関連する場合が多い。

アルツハイマー型認知症の患者数は全米で推定600万人以上。米アルツハイマー病協会の予測では、2050年には65歳以上のうち1270万人以上が症状を示すという。

今回の研究では成人2171人がまず、以下の社会的交流をどのくらい受けているか、各レベルを自己申告した。「サポーティブ・リスニング」「アドバイス」「愛情」「感情的サポート」「十分な接触」の5つだ。さらに、MRI(磁気共鳴映像法)を使い認知的レジリエンスを測定した。

その結果、サポーティブ・リスニングをよく受けていると答えた被験者は、より認知的レジリエンスが高いことが分かった。サポーティブ・リスニングとは、人が話したいとき、思いやりを持って耳を傾けることだ。人は助言や返答を求めるのではなく、ただ話を聞いてほしいときもある。

社会的交流が認知機能を高める

「認知的レジリエンスを高める要因は、加齢や疾患に起因する脳の物理的な変化と認知能力との関係を修正する働きがあるのではないかと、アルツハイマー病協会が支援する研究は示唆している」と、論文は述べる。

19年の別の研究は、社会的交流のレベルから個人の認知機能の低下を予測できると示している。認知機能の低下や認知症と直接関係のある脳内のタンパク質、ベータアミロイドのレベルが高い被験者のうち、社会的交流が多い人は少ない人に比べて、認知機能の低下が抑えられていた。

同じように今回の研究は、社会的交流の増加が、新しいニューロン(神経細胞)の成長につながることを示している。これらの新しいニューロンは、記憶に貢献するシナプス可塑性(情報を伝達するシナプスの働きが持続的に変化すること)を高める。

さらに、社会的交流に必要な脳のプロセスが、神経の修復に大きな役割を果たすアミノ酸を生成すると考えられる。

大切なのは、支え合う親密な関係を築くことだけではない。互いに良い聞き手になろう。話す人も聞く人も気分が良くなって、脳の健康とレジリエンスの維持につながる。

20211102issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

11月2日号(10月26日発売)は「DXで復活する日本の製造業」特集。半導体、食品、メーカー、部品……デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変え始めた


今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

拘束のスーダン首相は無事、軍の行動は内戦回避が目的

ビジネス

米ケース・シラー住宅価格、8月は前月比1.2%上昇

ビジネス

米GE、通期見通し引き上げ 第3四半期利益が予想上

ビジネス

習中国主席、G20サミットで現地入りせず=関係筋

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

  • 4

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 5

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    巨大コンテナ船が米東海岸に... IMF、成長率予測を5…

  • 8

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 9

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 10

    日本抜き「新クアッド」発足、笑うのはインド

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡…

  • 7

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 8

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 9

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 10

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月