最新記事

飛行機

マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室乗務員

Couple Kicked off Flight for Not Wearing Masks Properly, Filmed Abusing Staff

2021年9月13日(月)17時13分
リディア・ベルジャノフスキ
客室乗務員

マスク問題で飛行機から降りるよう指示された乗客が暴言を吐く姿は、スマホで撮影されていた。jacoblund-iStock

<公共交通機関でのマスク着用が義務付けられているアメリカでは、航空機内のトラブルが頻発。激昂して罵詈雑言を撒き散らす客に対し、訓練された乗務員の態度はさすが>

昨今のアメリカではよくある話だ。9月9日に新しい新型コロナ対策を発表したジョー・バイデン大統領は、航空機のマスク着用義務をめぐって頻発する暴力沙汰に触れ「少しは敬意を払え。テレビで、自分の務めを果たす客室乗務員たちに怒りをぶつける様子をよく目にするが、間違っている。醜い」

この演説の前後、あるカップルがまた事件を起こした。フロリダ州フォートローダーデールからカリフォルニア州サンディエゴに向かう米格安航空会社ジェットブルー・エアウェイズに搭乗しようとしたとき、マスクを適切に着用していないとして飛行機から降りるように指示されたのだ。カップルは、客室乗務員に対して怒鳴りまくり、ひどい暴言を吐き散らした

同乗していたアリス・ルッソはこのときの様子をスマートフォンで撮影し、動画を9月10日にインスタグラムに投稿した。「この2人は、マスクを適切につけなかったために飛行機から降ろされた。2人はずっと鼻からマスクを外していた」というコメントがついている。

この衝撃的な動画は、マスクを顎にかけた男性が、機体の前方に立って客室乗務員を罵り、怒鳴りつける場面から始まる。「よくもそんなことを!」と男性はわめき、手を差し伸べようとした乗務員スタッフに向かって、この便に乗るために「4時間も待ったんだ」と叫んだ。

自分はたった一度しか警告されていない、「この人(客室乗務員)に何か言われた瞬間に、マスクを直したんだ」と、男は言い訳し始めた。こんなことは「ひどすぎる」

降りた後は乗客から拍手

次に、カメラは後部の通路にいた女性の姿を映し出す。この女性は搭乗時に「足がふらついていたので、ちょっと酔っぱらっていると思った」と、ルッソは説明している。

前方で怒っていた男性の妻だろうか、女性は乗客に向かって、しきりに息子のマスクが一時的に顔から落ちただけだ、と言っていた。

自分と息子は「謝罪し、マスクを着けなおした」と女性は訴えたが、乗務員はそれを認めなかった。「どうして私たちが追い出されなければならないの。わけがわからない!」「訴えてやる。私の知り合いはみんな弁護士よ!」

前方の男性は客室乗務員の横をすり抜けて座席に戻ろうとしたが、無駄だった。乗客からは「飛行機から降りろ」という声が上がった。この男女が最終的に飛行機を降りたとき、乗客から拍手が沸き起こった。

事件後、ジェットブルーは以下の声明を発表した。「同便に乗り合わせたお客様にはご迷惑をおかけいたしました。参考までに、乗務員は当社の規定に従わないお客様には注意するよう訓練されております」

「マスク着用をお願いしても聞かないお客様に対しては、規定に基づいた適切な環境を確保するために、離陸前に事態を収拾するよう最大限の努力をすることになっています」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米大統領、G20でエネルギー価格などに焦点=サリバ

ビジネス

3M、通年利上げ見通し下げ 供給網の問題や商品価格

ビジネス

米大統領、4年ぶりにASEAN首脳会議に参加 中国

ビジネス

米新築住宅販売、9月は14%増の80万戸 半年ぶり

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

  • 4

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 5

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    巨大コンテナ船が米東海岸に... IMF、成長率予測を5…

  • 8

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 9

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 10

    日本抜き「新クアッド」発足、笑うのはインド

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 3

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 4

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 5

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡…

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月