最新記事

アメリカ社会

ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺到で中止に、殺害予告も

Drag Queen Show at Children's Museum Canceled Due to 'Threats of Violence'

2021年7月30日(金)17時45分
エマ・メイヤー
LGBTQ+のイベント

LGBTQ+のイベント(21年6月、ロサンゼルス) Aude Guerrucci-REUTERS

<ドラァグクイーンが子供たちに絵本の読み聞かせをするイベントに、暴力的な脅迫が殺到。安全上の懸念から中止に>

米ネブラスカ州リンカーン市にある子供博物館は7月26日、予定されていた「ドラァグクイーン・ストーリー・アワー」を中止すると発表した。これはドラァグクイーンが、子供たちに絵本の読み聞かせをするイベントだが、中止の理由は「暴力的な脅迫が殺到したこと」だった。

子供博物館のインスタグラム投稿によれば、このイベントは数週間前から予定されていたもので、7月31日(土)の閉館後に参加希望者だけに向けたイベントとして行われる予定だった。つまり、博物館の公式なプログラムではなかった。

「リンカーン子供博物館と、イベント主催者のアウト・ネブラスカ(OutNebraska)にはこの数日間、暴力を示唆する脅迫が殺到しており、そのなかには殺害の脅迫も数多く含まれている」とインスタグラム投稿には書かれている。

地元のLGBTQ+擁護団体であるアウト・ネブラスカはイベント主催者の一つだが、こちらにも多くの脅迫が来ているという。子供博物館はイベント中止の理由として、リンカーンのコミュニティーに属する人々によって「もたらされた安全上の懸念が増大したこと」を挙げた。

子供博物館は、「このイベントを中止し、子供たちが私たちの施設で、遊びの力を通じて創造、発見、学習できないことをとても残念に思っています」と続けている。「しかし、すべての来場者やスタッフ、展示、建物の安全は、今もこれからも、私たちの優先事項です」

過去にも反発や脅迫を受けてきた

アウト・ネブラスカのエグゼクティブディレクターであるアビ・スワッツワースは本誌に対し、同団体の「ドラァグクイーン・ストーリー・アワー」は4年前に始まったものだが、こうした反発を受けるのはこれが初めてではないと説明した。

ただし、「これまでも、憎悪に満ちたコメントや、遠回しな脅迫を受けたことはあったが、これほどのレベルの脅迫は予想していなかった」という。

ドラァグクイーン・ストーリー・アワーについてスワッツワースは、「LGBTQ+の家族が一緒に博物館を楽しみ、多様性の受け入れや共感、優しさについての物語を聞くための貸し切りイベントだった」と述べている。だが、フェイスブックのコメントやメッセージ、さらにボイスメールで多くの脅迫が寄せられたという。

リンカーンのレイリオン・ゲイラー・ベアード市長はツイッターで、「人々の生命を政治的に利用することは決して許されない」というコメントを発表した。「リンカーン警察はすべての脅迫について捜査している。そして、LGBTQの友人、隣人へ。あなたがたは#LNK(リンカーン)で愛され、歓迎されていることを知ってほしい」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米、北京冬季五輪を外交ボイコット=ホワイトハウス

ワールド

印ロ、防衛協力強化で合意 通商も拡大へ

ビジネス

ユーロ圏、経済支援継続を 高インフレは一過性=IM

ビジネス

ユーロ圏インフレ率、22年に2%下回る可能性低い=

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月