最新記事

マスク拒否

マスクを燃やせ!米アイダホ州で着用義務化に抗議 小さな子供も

'Destroy Them!' Children Burn Face Masks at Anti-Mask Rally in Idaho

2021年3月8日(月)16時39分
ベンジャミン・フィアナウ
アイダホ州 マスク 抗議デモ

「自由のために」マスクを燃やす人々。子供たちも大人に促されてマスクを投げ込んだ Dave Reilly Media/REUTERS

<アメリカの一部で新型コロナ対策としてマスク着用が義務化されるなか、反発してマスクを燃やすデモが行われた>

3月6日の朝、アイダホ州の州都ボイシにある州議会議事堂の階段で何十人もの親が、新型コロナウイルス対策としてマスク着用を強制されることに反発する「マスク着用反対」の抗議運動を行い、幼い子供たちにマスクを燃やさせた。

6日に行われたマスクを燃やす運動「#フリーアイダホ」のイベントに先立って、アイダホ州議会下院で、共和党議員が提案したマスク着用の義務化を将来にわたって違法にする法律が僅差で可決された。

ボイシの集会に参加した大人たちは、子供たちに指示して、何百枚ものマスクをゴミ箱に投げ込ませた。「焼いちゃえ!」と、熱狂的な大人が叫んだ。子供たちは笑顔で、炎のあがるゴミ箱にマスクを投げ込み、燃やした。「急がないでね。注意して!火に気を付けて」と周囲の大人たちは声をかけた。


州が全域でマスク着用を義務化するという動きは、全米の共和党議員を怒らせたが、アイダホ州議会議員らの怒りはすさまじかった。そこで2月に、行政のいかなる段階でもマスク着用の義務化を行うことのないように法案を通過させた。

ボイシでのマスクを燃やす抗議活動を組織したのは、フリーアイダホと名乗るグループ。同時にサンドポイント、ボナーズフェリー、ラクレデ、クールダレーン、セントマリーズ、プラマー、テンズドといった町でもマスクを燃やすイベントを行った。

星条旗を振りながら

オレゴン公共放送のセルジオ・オルモスがツイッターでシェアした動画には、数十枚の青や白のマスクを金属製のゴミ箱に投げ込む子供たちの姿が映っており、「一度にやらないで」と、指示する大人の声が聞こえた。「よし、今はこれで十分だ。燃えるところを見てごらん」

火の中に投げ込むためにマスクをつかむ子供たちを、数人の大人が手伝っているところも映っていた。年配の参加者は星条旗を振っていた。そのなかには車椅子の参加者もいた。

アイダホ州内で「マスク着用反対」集会が開かれたのはこれが初めてではない。昨年8月、ヘイデンのパンハンドル保健局の建物の近くでマスクを燃やすバーベキューイベントが開催された。

このイベントは、ユーチューブのチャンネル「ノースアイダホ・エクスポーズド」に投稿された動画のコメント欄で「今週の火曜日8月18 日11時、パンハンドル保健局でマスクのバーベキューにご参加ください。食材やスナック、パンなどなんでも一緒に焼きたいものをご持参ください(マスクも可)」と、告知されていた。

ボイシのイベントの参加者は「安全を得るために自由を放棄する者は、そのどちらも得られないし、得るに値しない」というベンジャミン・フランクリンの名言をボードに書いて掲げていた。この名言は、文脈を無視した形で頻繁に引用されている、と多くの歴史家が指摘している。

2月22日、ノースダコタ州議会下院は、どのような健康危機が起ころうとも、州全域でマスクの着用を義務付けることを将来にわたって違法にする法案を2票差で可決した。「私たちの州は収容所ではない」と、共和党のジェフ・ホバーソン議員は語った。

ニュース速報

ビジネス

東南アジア配車大手グラブ、SPACと合併 過去最大

ビジネス

独ZEW景気期待指数、4月は70.7 封鎖懸念で予

ワールド

米国は台湾巡る「火遊び」やめよ、中国外務省が米指針

ワールド

ロが米軍艦派遣に警告、クリミアから離れているのが「

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    ロケット砲で80人以上が死亡、200人以上が行方不明か 内戦の危機迫るミャンマー情勢

  • 2

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパンどころではないアニメ業界、中国が才能ある人材爆買い

  • 3

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが......

  • 4

    ギネスが認めた「世界最高齢の総務部員」 勤続65年、9…

  • 5

    韓国ソウル、マンション平均価格が9億ウォン突破 全…

  • 6

    【ミャンマー現地ルポ】デモ取締りの警察官に警棒で…

  • 7

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 8

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 9

    日本の対ミャンマー政策はどこで間違ったのか 世界…

  • 10

    テスラに見る株式市場の先見性、知っておくべき歴史…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 10

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月