最新記事

骨董

アメリカの不用品セールで買った茶碗、5400万円超の中国の骨董品だった

2021年3月8日(月)17時30分
松丸さとみ

35ドルで買った茶碗が、50万ドル(約5420万円)の価値があることがあきらかに......  sothebys.com

<ガレージ・セールで、35ドルで買った茶碗が、実は中国で15世紀に作られた骨董品で、最高50万ドル(約5420万円)の価値があることが明らかになり話題になっている......>

35ドルで買った茶碗、価値は......

米国の個人宅の庭先で開かれていた不用品を売るガレージ・セールで、35ドル(約3800円)で買った中国製の茶碗が、実は15世紀に作られた骨董品で、最高50万ドル(約5420万円)の価値があることが明らかになった。17日にニューヨークのサザビーズでオークションにかけられる予定だ。

直径約16センチのこの茶碗は、米国コネチカット州の庭先で、35ドルで売られていたものだった。ある男性は言い値を払ってこれを購入。サザビーズに写真と詳細をメールで送り、鑑定を依頼した。

AP通信によると、サザビーズで中国の陶磁器や芸術品を担当している専門家のマンジェラ・マカティア氏とハン・イン氏のもとには、こうした鑑定依頼のメールが毎週のように何通も届くという。しかしこの茶碗はひと目で、「非常に特別なものだと分かった」とマカティア氏は話す。絵のスタイル、茶碗の形、使われている青い色などすべてが、15世紀初頭に中国で作られていた磁器に特徴的なものだったのだ。

実際に現物を見て鑑定したところ、明朝初期に作られたものだということが分かった。AP通信によると、こうした判定は科学的にテストを行うわけではない。訓練と経験を積んだ専門家の鑑識眼によるものだ。

明朝の茶碗がなぜコネチカット州の家に?

マカティア氏とイン氏は、茶碗が1400年代初期、明の第3代皇帝である永楽帝の時代に、宮廷で使用されるために作られたものだと結論付けた。30万〜50万ドル(約3250万〜5420万円)の価値があると考えられており、つまり最高の価格が付けば、元値だった35ドルの14300倍となる。

CNNによると、永楽帝は景徳鎮(中国南東部)に宮廷直属の専用窯を持ち、磁器を実利的な器から芸術品へと引き上げた人物だ。ただ、この時代の資料が乏しいこともあり、なぜ永楽帝時代の茶碗がコネチカット州の個人宅に行き着いたのかは、「もどかしいようなミステリー」だとマカティア氏はCNNに話す。

同氏はまたAP通信に対し、庭先でこの茶碗を売っていた家族が、価値を知らずに代々引き継いできたものである可能性もあると話している。

サザビーズによると、こうした茶碗は今回オークションにかけられるものを含めると、世界に7個しか残っていない。そのほとんどは博物館に収められており、米国にあるのはこの1個のみとなる。7個のうち博物館に所蔵されているものは、台湾の国立故宮博物院の2個、英ロンドンの大英博物館とヴィクトリア・アンド・アルバート博物館の各1個、そしてテヘランのイラン国立博物館の1個だ。

「存在することさえ知らなかったものがまるでどこからともなく現れると、専門家として本当にワクワクします」とマカティア氏はAP通信に話している。

サザビーズは3月11〜24日の日程でアジア・ウィークを開催予定で、茶碗は17日に入札が開始される。

Chinese bowl bought for $35 at a tag sale could get half a million in auction

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

東南アジア配車大手グラブ、SPACと合併 過去最大

ビジネス

独ZEW景気期待指数、4月は70.7 封鎖懸念で予

ワールド

米国は台湾巡る「火遊び」やめよ、中国外務省が米指針

ワールド

ロが米軍艦派遣に警告、クリミアから離れているのが「

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    ロケット砲で80人以上が死亡、200人以上が行方不明か 内戦の危機迫るミャンマー情勢

  • 2

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパンどころではないアニメ業界、中国が才能ある人材爆買い

  • 3

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが......

  • 4

    ギネスが認めた「世界最高齢の総務部員」 勤続65年、9…

  • 5

    韓国ソウル、マンション平均価格が9億ウォン突破 全…

  • 6

    【ミャンマー現地ルポ】デモ取締りの警察官に警棒で…

  • 7

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 8

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 9

    日本の対ミャンマー政策はどこで間違ったのか 世界…

  • 10

    テスラに見る株式市場の先見性、知っておくべき歴史…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 10

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月