最新記事

ロシア

ロシア反体制派指導者ナワリヌイ、帰国直後に拘束 

2021年1月18日(月)09時05分

昨年8月の毒殺未遂事件後、ドイツで療養していたロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏(写真中央)が帰国した直後に空港で当局に拘束された。モスクワのシェレメチェボ空港で撮影。動画より(2021年 ロイター/Reuters TV)

昨年8月の毒殺未遂事件後、ドイツで療養していたロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏(44)が17日、帰国した直後に空港で当局に拘束された。同氏は、執行猶予の条件に違反したとして3年半の禁固刑に処される可能性がある。

ナワリヌイ氏の拘束を欧米諸国は非難し、即時釈放を求めている。

反プーチン大統領派の中心人物であるナワリヌイ氏は昨年8月、ロシア国内線の機内で倒れ、ドイツに搬送され治療を受けた。ドイツなど西側諸国は神経剤による毒殺未遂としており、ナワリヌイ氏はプーチン大統領が毒殺計画に関与したと主張しているが、ロシア政府は関与を否定している。

ナワリヌイ氏が先週、ドイツから帰国する考えを明らかにした後、ロシアの連邦刑務所局(FSIN)は同氏を拘束すると表明していた。

同氏は17日、ロシアの航空会社ポベダの便で、妻や弁護士らとベルリンからモスクワに向かった。機内では同行する記者らに対し、何も恐れておらず、自分が拘束されると考えていないと語っていた。

だが、同氏を乗せた航空機は到着直前に技術的な理由で到着先をモスクワの別空港に変更。同氏を出迎える記者や大勢の支持者をかわすために当局が働き掛けたとみられる。

到着した空港の入国審査場で、ナワリヌイ氏は警官4人に同行を求められ、これに応じた。理由の説明はなかった。

FSINはその後の声明で、執行猶予の条件に違反したため、ナワリヌイ氏を拘束したと発表。執行猶予を実刑に切り替えるかどうかを判断する今月の法廷審問まで身柄を拘束するとした。

米国のバイデン次期政権で安全保障担当の大統領補佐官に就くジェイク・サリバン氏はツイッターで、「ナワリヌイ氏を直ちに釈放すべきだ。彼の命を狙った凶悪事件の犯人は責任を問われるべきだ」と投稿した。

また、欧州連合(EU)のミシェル大統領もナワリヌイ氏の即時釈放を要求。EU加盟国のリトアニアは17日、ロシアに対する新たな制裁をすぐに科すようEUに要請すると表明した。



[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【話題の記事】
・新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体
・世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...



20210316issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

3月16日号(3月9日発売)は「3.11の記憶 東日本大震災から10年」特集。なぜ取材し伝え続けるのか――。櫻井翔と被災地の10年を、『news zero』キャスターの櫻井自身が初めて長編ドキュメントでつづる。

ニュース速報

ワールド

中国・新疆の企業、強制労働疑惑で外国人研究者を提訴

ワールド

仏首都圏の封鎖検討せず、コロナ変異種で医療逼迫=保

ワールド

中国、新型コロナワクチン接種証明書の発行開始 海外

ワールド

デジタル関連法案の資料で多数の誤字、大変遺憾=官房

MAGAZINE

特集:3.11の記憶 東日本大震災から10年

2021年3月16日号(3/ 9発売)

未曽有の被害を出した東日本大震災から10年 櫻井翔はなぜ取材し、伝え続けるのか

人気ランキング

  • 1

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書が発表、その成果は......

  • 2

    アメリカの不用品セールで買った茶碗、5400万円超の中国の骨董品だった

  • 3

    大企業に派遣で入り、34歳で執行役員になった男が日本企業の「決められない」体質から学んだこと

  • 4

    3.11被災地を取材し続けてきた櫻井翔が語る「記憶」…

  • 5

    大量の溶岩流に1000メートル以上の噴煙... それでも…

  • 6

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    マスクを燃やせ!米アイダホ州で着用義務化に抗議 …

  • 9

    世界の人々が実践している幸せになるための8つの秘訣

  • 10

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書…

  • 6

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月