最新記事

韓国

「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死に国民が涙、BTSとARMYも追悼

2021年1月15日(金)19時34分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

13日に行われた初公判では裁判所前に多くの市民が集まり、ジョンインちゃんの養父母へ殺人罪の適用を訴えた。YonhapnewsTV / YouTube

<韓国社会に潜む闇に多くの国民が涙し、追悼の声は世界にも広がった>

昨年末、厚生労働省が発表した「2019年度児童相談所が対応した18歳未満の子どもへの虐待件数」は、19万3780件と過去最多だったという。日本でも度々ニュースとなる子供の虐待問題だが、今韓国では生後16カ月でその小さな命に幕を閉じたジョンインちゃんの死に悲しみの声が寄せられている。

ジョンインちゃんは、2019年6月10日に生まれた。実の両親に事情があり里子へ出され、7カ月間保護施設で暮らした後、里親の元で新しい生活が始まった。

養父は放送局に勤め、養母は翻訳などを仕事にしており、自身も里子として育てられた経験があったという。そのため、既に実子の娘が一人いたが、いつか里子を迎えたいと準備していたという。

第二の人生を里親の元で幸せに暮らしていたと思われていたジョンインちゃんだったが、実際にはその数カ月間は地獄のような暮らしだった。そして無念にも昨年10月13日、虐待により短い一生を終えてしまった。

何ヶ月もの虐待で腹部に血が溜まっていた

亡くなる際に搬送された病院でのCT写真では、膵臓と腸間膜小腸の破損ですでに内臓は血でいっぱいになっていたそうだ。骨にも骨折やヒビが見つかり何カ月にもわたって虐待された跡が残っていた。

ジョンインちゃん死亡の21日後、警察は解剖結果を元に児童虐待容疑で里親を拘束した。この頃から韓国内のニュースなどでも大きく報道され始め、虐待をした里親に世間から非難が降り注いだ。

里親は、ジョンインちゃんが食事を取らなかったことを理由に、「しつけのため抱き上げ、叱っている途中に事故で落としまい、横にあった椅子に腹部をぶつけた」と主張しているが、死亡原因の一つでもある膵臓は奥側にあり、母親の身長から計算しても破裂を起こすまでの損傷には無理がある。

保育園などの通報にも十分な対応取られず

もちろん、ジョンインちゃんの虐待について異常を察知した大人たちもいた。ジョンインちゃんと、長女が預けられていた保育所の先生たちは、度々増えるあざや傷を発見するたびに写真に撮って通報し、その後ジョンインちゃんを診察した小児科の医師も虐待の可能性があるため、里親と引き離すよう指示した。

ところが3度にわたる申告があったにもかかわらず、初めの2度の申告を担当した7人の警察官は里親に注意/警告のみで済まし、3度目の申告を受けた警察官5名にいたってはことの重大さを察知することが出来ず放置していたという。

この不祥事について警察批判が高まり、キム・チャンリョン警察庁長官は6日、会見を開きジョンインちゃんの冥福を祈るとともに国民に対し謝罪する事態となった。

そして、ついに1月13日ソウル南部地裁にて里親に対する初公判が行われた。裁判所には怒りをあらわにした韓国民たちが大勢集まった。なかには「死刑判決を!」というプラカードを持った人びともいたという。傍聴券51席を求める希望者は813名にものぼり、裁判所は急遽、別の法廷を開放しスクリーン中継を行ったという。

ニュース速報

ビジネス

中国、金融機関の倒産法制定を議題に

ワールド

タイ、ワクチン接種した外国人の隔離期間を7日に短縮

ワールド

焦点:香港民主化の「夢」ついえるか 全人代で選挙見

ワールド

インド、日米豪にワクチン生産設備への投資を要請 中

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 4

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 9

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 10

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 9

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月