最新記事

アメリカ大統領選 中国工作秘録

中国反体制派の在米富豪に、怪し過ぎる「共産党スパイ」疑惑

THE SUSPICIOUS MR. GUO

2020年11月20日(金)17時20分
ニック・アスピンウォール(ジャーナリスト)

郭文貴(左)は元トランプ政権高官のスティーブ・バノンと意気投合 Carlo Allegri-REUTERS

<真意を疑われても仕方のない経歴と問題行動、そしてアメリカで見つけた「同志」とは──。本誌「アメリカ大統領選 中国工作秘録」特集より>

アメリカで中国共産党幹部の腐敗を暴くと息巻く元政商の郭文貴(クオ・ウエンコイ)。その郭が9月、中国を逃れてきた反体制派や、彼らを支援する在米活動家を「共産党のスパイ」だとするリストを発表した。「裏切り者を抹殺しよう」と、郭はオンライン動画で葉巻を片手に訴えた。「始めよう。まずはこの売国奴たちを始末しよう」
20201110issue_cover200.jpg
その数日後、テキサス州ミッドランドにあるボブ・フーの自宅前に、どこからともなく人が集まってきて、フーを批判するようになった。フーはキリスト教福音派の牧師で、中国を逃れてきたキリスト教徒を支援する人権団体「チャイナエイド」の創設者であり、中国系コミュニティーでは敬意を集める存在だ。

フーの家の前に集まった人々は、自分の素性も、どこから来たかも言わない。ただ、郭の呼び掛けに応じて来たことだけは明らかにした。この動向にはFBIも注視し、マルコ・ルビオ上院議員やテッド・クルーズ上院議員ら共和党の有力議員も批判の声を上げた。その一方で、郭の狙いは何なのか考えあぐねる声が上がっている。

「これは潤沢な資金と的確な指揮に基づき、きちんと連携が図られた高度な中傷活動だ」と、フーは語る。地元当局によって家族と一緒に保護されたフーは、郭の背後には中国共産党がいるに違いないと主張する。「郭文貴はロビン・フッド気取りで、傭兵を組織し、世直しをしているつもりになっている」

中国反体制派の間で、「実はあいつは党の回し者だ」という告発は珍しくない。中国共産党は一党独裁を脅かすとみられる組織をつぶすために、その組織の内部に浸透することに相当な時間と資金とエネルギーを費やしてきたから、当事者たちが疑心暗鬼に駆られるのは無理もない。

それに郭は、その真意を疑われても仕方のない経歴の持ち主だ。中国時代の郭は、党幹部とのパイプを駆使して不動産業で巨万の富を築いた。ところが2015年に庇護者だった馬建(マー・チエン)国家安全省次官(当時)が失脚すると、自らの危険を察してアメリカに移住。以来、中国共産党の腐敗を暴く正義の味方というイメージづくりに励んできた。

「本気で私を脅すつもりだ」

そのアメリカで郭が見つけた「同志」が、ドナルド・トランプ米大統領の元側近スティーブ・バノンだ。2人は、新中国連邦なる「在外政府」の樹立を宣言したほか、GTVメディアグループを立ち上げて、新型コロナウイルスに関する偽情報や、民主党の大統領候補ジョー・バイデンの息子ハンターについての陰謀論をまき散らしている(バノンは8月に詐欺容疑で逮捕されたとき、郭のヨットで豪遊していた)。

ニュース速報

ビジネス

NTTドコモ「検討しているのは事実」、携帯値下げ報

ビジネス

S&P、IHSマークイットを440億ドルで買収 今

ワールド

モデルナ、米欧当局にコロナワクチン緊急使用許可を申

ワールド

バイデン氏、財務長官にイエレンFRB前議長を起用

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、バイデンのリードが拡大に

  • 3

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 4

    「実は誰も会った人がいない」韓国政界で囁かれる文…

  • 5

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 6

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 7

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 8

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 9

    中国メディア「コロナ起源は輸入冷凍食品」 西側は反論

  • 10

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 1

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 2

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 3

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 4

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 9

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 10

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 8

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月