最新記事

感染拡大

コロナ禍での休暇シーズン、どう過ごす? 一足先に感謝祭を終えたカナダは感染拡大で

2020年11月20日(金)16時00分
松丸さとみ

今年は、ニューヨークで恒例のメイシーズの感謝祭パレードもライブ開催は中止となった...... REUTERS/Caitlin Ochs

<カナダの感謝祭は10月で感染状況を悪化させた。感謝祭を来週に控えた米国人の心中は複雑だ......>

カナダの感謝祭は10月第2月曜日、感染を拡大させた

毎年11月の第4木曜日は、米国で冬の休暇シーズンの幕開けとなる「感謝祭」だ。今年は11月26日にあたる。しかし1カ月前の10月に終わったカナダでは感謝祭をきっかけに新型コロナウイルスの感染者数が急増しており、米国でも、例年なら家族が集まるこの時期をどう過ごすか悩ましいところのようだ。

カナダでは、感謝祭は10月の第2月曜日に祝われ、今年は10月12日だった。米タイム誌のアレックス・フィッツパトリック氏は11月12日付の記事で、米国で感謝祭をきっかけに感染がさらに拡大するか否かを占うには、お隣のカナダが参考になるとしている。

感謝祭の前からすでに感染者数が増加傾向にあったものの、カナダの複数の専門家は「間違いなく感謝祭が感染状況を悪化させた」との見解を示したと、フィッツパトリック氏は書いている。専門家の一人である、トロント大学の准教授で疫学者のローラ・ロゼラ博士はその根拠として、感謝祭の後、ちょうど新型コロナの潜伏期間と重なる2週間後にカナダで感染者数の最多記録が更新されたことを挙げている。

matumaru1120cc.jpg

同博士はさらに、カナダではコロナ感染の有無を調べる検査を受けたい人の数があまりにも多くなり、検査を受けられるための条件が厳しくなったと説明。そのため受けられない人がかなり多いことから、実際の感染者数は爆発的に増えていることが示唆されると指摘している。

また、ケベック州とオンタリオ州では、感謝祭を前に一部地域である程度の外出規制を実施していたが、それでも感染者数は減らなかった。マギル大学医学部准教授のマシュー・オウトン博士はこの理由について、感謝祭のせいで感染者数が増えたからだと説明した。

なお、感謝祭から1カ月以上たった現在、カナダでは引き続き感染者数が増加しており、オンタリオ州が今週末から一部地域でロックダウンを実施すると見られている(カナダ公共放送CBC)。さらに、これまでコロナ感染者がまったくいなかったヌナブト準州で6日に初めて感染者が見つかって以来、18日の時点で感染者数は70に達しており、同準州は同日から2週間の予定でロックダウンに入っている(カナダ民放グローバルTV)。

ニュース速報

ワールド

政府、骨太方針と成長戦略を閣議決定

ビジネス

4月のユーロ圏経常黒字、228億ユーロに拡大=EC

ワールド

北朝鮮、対米関係で対話と対立双方に備えを─金総書記

ビジネス

英小売売上高、5月は前月比-1.4% 予想外の減少

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 2

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正反対の判決に動揺広がる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 5

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 6

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    国民の不安も科学的な提言も無視...パンデミック五輪…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 10

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月