最新記事

香港

【香港人の今3】「中国製でないほうが、品質がよくて安い」・「黄色経済圏」支持者

RISING LIKE A PHOENIX

2020年11月27日(金)17時10分
ビオラ・カン(文)、チャン・ロンヘイ(写真)、雨宮透貴(写真)

「黄色経済圏」支持者 Rob(41)& Laura(36) PHOTOGRAPH BY CHAN LONG HEI

<香港の状況は絶望的に悪化している。11月23日には民主活動家の周庭(アグネス・チョウ)らが収監された。香港人は今、何を思い、どう反抗しているのか。16人の本音と素顔を伝える(3)>

「黄色経済圏」支持者 Rob(41)& Laura(36)

「和理非(平和・理性・非暴力)」派を自称する2人は、よく逃亡犯条例改正案反対デモに姿を見せた。今年になって街で警察に捕まるリスクが高まるようになり、安全な範囲で政治的信念を貫けるよう「黄色経済圏」だけで消費することにした。

黄色経済圏とは、民主化運動の支持者が政治理念の近い店でのみお金を使うこと。中国製品を買わないように商品の産地を確認する。外出はバスに乗り、デモ期間中に警察に協力した地下鉄はボイコットする。

デモを支持する飲食店・商店を意味する「黄色い店」でお金を使うため、店の詳細を調べる──。2人は日常消費の8割を黄色経済圏に投じている。

「調べるのは面倒だけど、だんだんと慣れる。しかも中国製でないほうが、品質がよくて安い製品が多い」

黄色経済圏の支持者は増える一方だ。そして、中国資金や政府支持派の店の業績は右肩下がりを続ける。香港を代表する外食大手「美心集団(マキシムグループ)」は、創業者の長女がデモ隊を「暴力分子」だと発言したことで、今年上半期に5000万ドルの損失を出した。

最初に踏み出した一歩が、どんな結果につながるのか分からないと、Robは言う。少なくとも種をまけば、芽生える時はいつか来る。

magHK20201127-3-2.jpg

元「香港衆志」主席 羅冠聡(27) PHOTOGRAPH BY YUKITAKA AMEMIYA

元「香港衆志」主席 羅冠聡(27)

2014年の大規模デモ「雨傘運動」で名前を知られ、2016年には民主化を求める政党・香港衆志(デモシスト)を創設し最年少の立法会議員となったが、宣誓日に資格が取り消された。

昨年、逃亡犯条例改正案反対デモの最中に米エール大学に進学。いったん香港に戻り、今年の夏にイギリスへ逃れた羅冠聡(ネイサン・ロー)は、香港民主化の必要性を世界に訴える仕事に取り組んでいる。

出国は決して簡単な選択ではなかった。親戚や友人と家族に別れを告げる機会もなく、極秘で香港から旅立った。関係を断つことを公表することしか、親愛なる人たちの安全を守るすべがなかった。

離れているから、共に戦って来た仲間が逮捕されるのを見ると、心配と怒りが込み上げた。

「周庭(アグネス・チョウ)が国家安全維持法で逮捕されたのは、明らかに政治的抑圧だ」

香港の民主化運動と国際社会をつなげることが彼の使命だ。中国外相である王毅(ワン・イー)の欧州歴訪を知るとすぐ現地に飛び、王より一歩先に各国の官僚を説得した。訪問した王に対して、各国は以前より明らかに強い態度で臨んだ。

「香港の声を広める責任がある」と、羅は言う。「どんなに小さなことでも香港に変化を与えたい」

ニュース速報

ワールド

訂正-米バイデン政権、国有地での石油・ガス掘削許可

ビジネス

焦点:イエレン氏の「大きな行動」発言に透ける、政府

ワールド

ハメネイ師関連サイト、トランプ氏似ゴルファー狙う画

ワールド

WHO、26日にモデルナ製ワクチン巡る推奨発表

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 3

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週間与える提案

  • 4

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 5

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 6

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 7

    反政府団体らがオレゴン州民主党支部を襲撃 バイデ…

  • 8

    「大覚醒でトランプ続投」の予言が裏切られ、Qアノン…

  • 9

    「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

  • 10

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 6

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 7

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 10

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月