最新記事

感染第2波

欧州コロナ感染1500万人超に、フランス・ロシアが深刻な段階に

2020年11月21日(土)12時00分

ロイターの集計によると、欧州の新型コロナウイルス感染者数は20日、1500万人を超えた。写真はロンドンで19日撮影(2020年 ロイター絵/Simon Dawson)

ロイターの集計によると、欧州の新型コロナウイルス感染者数は20日、1500万人を超えた。冬の到来に伴い域内の感染者が急増しており、約4日ごとに100万人の新規感染が報告されている。

欧州ではこれまで、少なくとも感染者1504万6656人、死者34万4401人が報告されており、世界的に報告された感染者数と死者数の4分の1を占めている。

ロイターの調べによると、欧州では初めの500万人の感染が記録されるまでに9カ月近くかかったが、その後2カ月足らずで1500万人に拡大した。

欧州の人口は世界の10分の1にすぎないが、世界全体の感染者5690万人のうち26%を占め、死者130万人のうち25%を占める。最新の報告では、世界の新規感染者100人のうち39人が欧州だった。

フランスはロシアを抜いて、米国、インド、ブラジルに次ぐ感染者数となった。ロイターの調べでは、フランスとロシアは現在、欧州の感染者数の約27%を占めている。

域内では、東欧が欧州で報告された感染者数の約3分の1、死者の24%を占める。チェコとポーランド、ロシア、ウクライナが引き続き人口当たりの感染者数ベースで最も被害を受けている。

週間平均では、ロシアで毎日2万2434人以上の感染が報告されている。国内の一部の病院では、新型コロナ治療薬が大幅に不足しており、パニック買いや需要の高さなどで補充ができない状態だ。

英政府は、新規感染者数の伸びが落ち着いてきている兆しがあることから現在の厳しいロックダウン(都市封鎖)を緩和し、家族がクリスマスのために集まれるようにする可能性がある。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【話題の記事】
・コロナが改めて浮き彫りにした「毛皮工場」の存在
・巨大クルーズ船の密室で横行する性暴力



20210622issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

6月22日号(6月15日発売)は「ルポ 武漢研究所のウソ」特集。新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関が繰り返した危険な実験。「素人集団」が矛盾を暴く。


ニュース速報

ワールド

政府、骨太方針と成長戦略を閣議決定

ビジネス

4月のユーロ圏経常黒字、228億ユーロに拡大=EC

ワールド

北朝鮮、対米関係で対話と対立双方に備えを─金総書記

ビジネス

英小売売上高、5月は前月比-1.4% 予想外の減少

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 2

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正反対の判決に動揺広がる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 5

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 6

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    国民の不安も科学的な提言も無視...パンデミック五輪…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 10

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月