最新記事

歴史問題

韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

2020年9月28日(月)19時15分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

フィリピン系アメリカ人の人気インフルエンサー、ベラ・ポーチ氏のタトゥーを火種に韓国とフィリピンのネット民が論争の火蓋を切った。 채널A 뉴스 / YouTube

<赤と白のストライプを発端に誤解が誤解を呼び非難の応酬に>

日韓関係のいざこざといえば、歴史問題や竹島問題など様々なイシューが頭に浮かぶが、その中でも旭日旗問題はこれまでに何度も取り上げられてきた。

ところが、この旭日旗をめぐり日韓間ではなく、フィリピンと韓国のネット対立が始まり注目を浴びている。

今月5日、フィリピン系アメリカ人の人気インフルエンサーであるベラ・ポーチ氏が、自身のTikTokにダンス動画を配信した。彼女は、TikTokアカウントフォロワー数が2600万人を超え、インスタグラムも470万人以上のフォロワーがいる世界的人気者だ。ところが、この動画が韓国で物議を醸すこととなる。

1人ダンスを踊る彼女が左手を上げる動作をすると、その腕には心臓の絵と旭日旗を思わせる赤の放射線状の背景がデザインされたタトゥーが見える。韓国人が旭日旗に敏感に反応することはご存じの方も多いだろう。韓国のネットユーザーを中心にベラ・ポーチ氏への批判が始まった。

このダンス動画はすぐに削除され、騒ぎとなった翌日の6日には、ベラ・ポーチ氏のツイッターにて謝罪文が公表されている。彼女は、歴史的な意味を知らなかったこと、そしてそれを知った後は腕をカバーして隠していたこと。さらに、このタトゥーを消す施術を受ける日程を決めたことを告げ、韓国人に謝罪のコメントを書き込んだ。

本人は謝罪したものの......

このまま収束に向かうのかと思いきや、今度はコメント欄から彼女のフォロワーたちの対立が発生し、いつしか韓国vsフィリピンの構図となってしまった。

ベラ・ポーチ氏が反省し謝罪したにもかかわらず、韓国のネットユーザー達がコメント欄にベラ・ポーチ氏の容姿に対する誹謗中傷を書き込み、さらにはベラ氏だけでなくフィリピンという国やフィリピン人に対して「小さい国」「貧しい国」「学ぶことができない背低い人々」など人種差別とも取れる書き込みを投稿しだした。

これに激怒したフィリピンのネットユーザー達は、#CancelKorea (キャンセル韓国)
#ApologizeKorea(韓国謝罪しろ) #ApologizeToFilipinos(フィリピン人に謝罪しろ)などのハッシュタグ運動を開始し、ついには韓国のニュースなどに大きく報道されることとなった。

すると、今度はそれを見た韓国側がフィリピンの国旗を燃やし破る動画や、つばを吐きかける動画を製作しネットにアップロードし始めた。すると、フィリピン人もそれに対抗するように韓国の国旗を破ったり踏みつけたりする動画を投稿。お互いにどんどんエスカレートしてしまった。

9日には、ベラ・ポーチ氏が自身のツイッターでこの状況に対して「私を攻撃するのは構わないが、フィリピンの人たちを攻撃し馬鹿にするのは我慢できない」と発言し、さらに反感を買うこととなってしまった。

ニュース速報

ビジネス

UBS、第3四半期は利益倍増 投資銀行部門や富裕層

ビジネス

ECB、環境リスクで社債選別しても1兆ユーロ購入可

ワールド

台湾、「フーリガン」中国外交官恐れず 建国記念行事

ビジネス

EXCLUSIVE-ソフトバンクG出資の中国滴滴、

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 3

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 4

    日本メディアが使う「中国の少数民族」は政治的な差…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 7

    特権社会・中国ではポルノを見るのも一部の特権

  • 8

    アラスカからNZまで、11日間不休で1万2000キロ、渡り…

  • 9

    トランプを批判し「狙われた」美人知事のさらなる受難

  • 10

    中国政府、国内の米国人を拘束する可能性警告 米司…

  • 1

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 6

    ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月