最新記事

台湾海峡

台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

China Shows What Happens 'If War Breaks Out' Amid Taiwan Tensions with U.S.

2020年9月23日(水)18時20分
トム・オコナー

人民解放軍の東部戦域司令部所属部隊がミサイルを発射する場面 EASTERN THEATER COMMAND/CHINESE PEOPLE'S LIBERATION ARMY

<台湾海峡を挟んだ米中の対立が激しさを増すなか、中国軍は「今日、戦争が始まったら中国はどう対応するか」の動画を投稿した>

米中の緊張が高まる台湾海峡でもし戦争が勃発したら、中国はどう戦うのか。中国軍の地域司令部は、緊急事態を想定した宣伝動画を公開した。

ソーシャルメディアサイトの新浪微博(ウエイボー)で動画を公開したのは、人民解放軍(PLA)の東部戦域司令部。冒頭に「もし今日、開戦したら...これがわれわれの答えだ」というタイトルが現れ、背景に流れる軍歌の歌詞が戦闘への準備が完全に整っていることを強調する。想像上の戦場で中国軍の兵士が走り、ミサイルを発射する映像が流れる。

人民解放軍は定期的にその軍事力をオンラインでみせびらかしているが、この最新のメッセージ動画が投稿されたのは、東部と南部の戦域司令部が中国本土と台湾を隔てる海域での演習を強化した、緊張の高まる時期だった。

中国政府は台湾を自国の領土と主張しているが、アメリカは台湾の自治政府に武器や軍装備品を売ったり高官を派遣したりして中国を怒らせた。アメリカと台湾の関係強化の兆しは、中国政府の強い反発を引き起こしている。

経済成長・エネルギー・環境担当のキース・クラッハ米国務次官が17日に台湾を訪れると、中国軍は治安状況の悪化という名目で人民解放軍の空と海の演習を開始した。

「国境」を40回侵犯

国防総省のジョン・サプル報道官は当時本誌に対し、「人民解放軍の攻撃的で不安定な反応は、現在の状態を変え、歴史を書き換えようとする継続的な試みを反映している」と語った。

「台湾や他の近隣諸国に対する強制の道具として軍事力をさらに多用するという中国の姿勢を意思の表れでもある」と、サブルは指摘した。「台湾の安全保障と、台湾人が自国の将来を自己決定する能力を維持することは、アメリカの重要な関心事であり、地域の安全保障にも欠かせない」

だが中国は台湾に対する警告を強化している。伝えられるところでは、中国の軍用機は、台湾海峡上にある中台間の境界線を約40回超えた。これに対し台湾軍は自国のジェット機を緊急発進。台湾国防相は、領土への侵入が認められた場合は「自衛と反撃」の権利があると主張した。

中国政府は台湾海峡における国境の存在を認めない。

中国外務省の汪文斌報道官は北京での記者会見で、「台湾は中国の不可侵の領土の一部であり、海峡を仕切る線はない」と語った。

汪は、中国政府を中国の真の代表と認める40年前からの「一つの中国政策」にアメリカが違反していると非難した。デービッド・スティルウェル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は、18日の上院外交委員会の公聴会で、アメリカ政府が「一つの中国政策」を維持することを確認したが、アメリカは台湾の安全保障に責任があることも繰り返した。

ニュース速報

ビジネス

UBS、第3四半期は利益倍増 投資銀行部門や富裕層

ビジネス

ECB、環境リスクで社債選別しても1兆ユーロ購入可

ワールド

台湾、「フーリガン」中国外交官恐れず 建国記念行事

ビジネス

EXCLUSIVE-ソフトバンクG出資の中国滴滴、

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 3

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 4

    日本メディアが使う「中国の少数民族」は政治的な差…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 7

    特権社会・中国ではポルノを見るのも一部の特権

  • 8

    アラスカからNZまで、11日間不休で1万2000キロ、渡り…

  • 9

    トランプを批判し「狙われた」美人知事のさらなる受難

  • 10

    中国政府、国内の米国人を拘束する可能性警告 米司…

  • 1

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 6

    ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月