最新記事

BOOKS

相模原障害者殺傷事件、心底恐ろしい植松聖死刑囚の姿勢

2020年8月14日(金)11時40分
印南敦史(作家、書評家)

まず、被告の偏った価値観を代弁する部分がここにある。「責任能力があると診断されたことについてどう思うか」とは、被告の責任能力についての問いである。ところが被告の「責任能力がなかったら死刑にすべきです。人間じゃないから、心失者ということです」という返答では、"責任能力のない対象"が殺された障害者にすり替わってしまっている。

しかも以後のやりとりを確認する限り、本人は「すり替えよう」としたのではなく、「すり替わっている」ことに気づいていない。そんなことよりも、持論を展開することにしか意識が回っていないのだ。堂々としている割には一貫性がなく意味不明な主張は、そのことを確信させる。

その証拠に、自分に科せられたはずの殺人罪についての答えにおいても主客が転倒する。


――殺人罪について、どういう認識か
 人間はやり直せると言いますが、立ち直らない人間もいます。社会的不幸が多々あります。それがなくなれば、死刑もなくなるし、犯罪もなくなります
――どういうことか
 凶悪犯は、親に捨てられたり虐待を受けたりするなど、かわいそうな話が世の中にたくさんあります。そういうことを経験すると、心失者になってしまいます
――起こした事件については、そういった社会的不幸が基になっているのか
 世界が戦争状態だったからです。不幸だから戦争をしている。私は子どもと女性を守るため、それから大金持ちになるために事件を起こしました
――子どもと女性は、なぜか
 子どもと女性は不幸を受けやすいからです
――大金持ちになるというのは、なぜか
 社会貢献をすればお金をもらえると思っていたんですが、虫が良すぎましたね。甘かったです。心失者は莫大な利権を持っています。それを壊すとなると、命を使わないといけない。リンカーンも国民(奴隷)を解放しましたが、それなりの報復は受けるのかな、と思っています
――つまり、起こした事件は社会のためだったが、いいことをしても反対派が出てきて報復を受けてしまうという認識か
 はい(61~62ページより)

死刑判決が確定した後の2020年4月2日(つまり最近である)の面会時の答えまで、一貫してこの論調が崩れることはない。だから読んでいると、少なからず頭が混乱してしまう。

明るく社交的、クラスのリーダー的存在だったらしいが


交際女性の証言
 女性は2014年8月ごろ、被告から電車内で声をかけられ、LINEのIDを交換。2日後に被告の家に行き、交際が始まった。
 被告は友人が多く、女性との予定が入っていてもドタキャンが多かった。「もう少し一緒にいる時間を作りたい」と話すと、「友達との時間を割いてまでお前と会う時間を作るつもりはない」と言われた。衝撃で涙が止まらず、そのまま別れた。同年冬ごろのことだった。
 被告から連絡があり、1年後の15年冬から事件発生まで2度目の交際をした。(163~164ページより)

【関連記事】人殺しの息子と呼ばれた「彼」は、自分から発信することを選んだ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国とバチカン、司教任命権巡る暫定合意を2年延長

ビジネス

仏ペルノ・リカール、四半期減収率が改善、年度後半の

ビジネス

ANA、構造改革でLCC強化 全日空のマイルで利用

ビジネス

景気改善かなり緩やかでも、金融システムに相応の頑健

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を拒否

  • 3

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与 ジョコ大統領と安保、医療でも協力を決めたが──

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 6

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 7

    台湾近くに極超音速ミサイル「東風17号」を配備した…

  • 8

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 9

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 10

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月