最新記事

インタビュー

最側近クシュナーの勝算「大勝利に足るトランプ支持者は確実にいる」

Kushner Gets Candid

2020年8月4日(火)14時45分
ビル・パウエル(本誌シニアライター)

新型コロナ対策でも奮闘したクシュナー DREW ANGERER/GETTY IMAGES

<義理の息子で「何でも屋」、ジャレッド・クシュナーがトランプ政権での役割と大統領選勝利へのロードマップをインタビューで明かした>

6月中旬、ジャレッド・クシュナーに本誌・ビル・パウエルが話を聞いた。

◇ ◇ ◇

──2017年1月の大統領就任当時、トランプは自身の役割をどう考えていたか。

いま振り返ると前世の話のようだ。あの頃私は、彼がホワイトハウスで自分なりのやり方を習得する手助けをしていた。彼の耳目となって優秀な人材を活用し、信用できない人間に目を光らせる必要があった。常に彼を支えた。私はトレンドをつかみ、意思決定をし、組織を運営するのが得意だった。ほとんどの時間を大統領がやりたいことに費やしてきた。私は何でも屋だ。

遊説に同行して次第にはっきり分かってきた。トランプは声を上げたがっている人々の代弁者だった。知識人と一般のアメリカ人とでは感じ方が違うんだ。彼が何のために戦っているかが分かった。

──コロナ危機への対応は?

最大の問題は人工呼吸器と検査だった。民間企業と協力して取り組んだ。数多くの要素を組み合わせ、サプライチェーンを復活させ、各種検査機器の使用認可のお膳立てをし、検査機器の開発企業と連絡を取り合った。多くの規制を緩和することができた。煩雑な手続きを省略したことで、一気に進む。どんどん検査ができるようにしている。

人工呼吸器の状況は州によってまちまちだった。どのリソースが民間にあるか、どこにあるかを突き止め、電話で各州の保有数と利用率を確認した。秩序を要請した。

感染者数が増加するなか、5月1日までに13万台製造するのは無理かもしれないと思った。感染拡大を抑えられなければ、イタリアのように患者が担架に乗せられたまま死ぬ事態に陥りかねなかった。

──なぜ中東和平の担当に?

義父(トランプ)に請われて。彼は米イスラエル関係に非常に熱心だ。彼の支持基盤にとって両国の関係は非常に重要だから。自分が満足のいく形での解決を望んでいた。

パレスチナとイスラエルの協議という枠組みをはるかに超える力学が働いていた。両者の対立はガンだ。腫瘍の治療・摘出が和解につながる。そこでまずサウジアラビアに行き、中東問題でトランプが目指すところを示そうとした。

イスラエル、パレスチナ双方と協議して気付いたのは、誰もがプロセスや歴史を重視したがっていることだ。そこが落とし穴だ。過去の和平合意は現状維持の言い訳も同然だった。パレスチナ自治政府は資金を、イスラエルは土地を手に入れ続けることができた。どちらも本気で問題を解決しようとはしていなかった。

【関連記事】トランプ最強の指南役、義理の息子クシュナーの頭の中
【関連記事】トランプ旋風支える「影のブレーン」

ニュース速報

ワールド

韓国人男性射殺巡り北朝鮮に調査要請へ=韓国大統領府

ワールド

トランプ氏、最高裁判事に保守派バレット氏を指名意向

ビジネス

三菱自、希望退職500—600人規模募集へ 管理職

ワールド

焦点:ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃能力」を恐れる本当の理由

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 7

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 8

    インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

  • 9

    新型コロナ感染で、パーキンソン病のリスクが高まる…

  • 10

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 6

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 10

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月