最新記事

感染第2波

全米のコロナ死者、7月に2.5万人超増加 19州で感染者倍増

2020年8月2日(日)13時15分

ロイターの集計によると、米国の新型コロナウイルスによる死者は7月に2万5000人超増加、19州で感染者が倍増した。感染収束の見通しが立たず、米経済の先行きに暗雲が立ち込めている。写真はフロリダ州で29日撮影(2020年 ロイター/Marco Bello)

ロイターの集計によると、米国の新型コロナウイルスによる死者は7月に2万5000人超増加、19州で感染者が倍増した。感染収束の見通しが立たず、米経済の先行きに暗雲が立ち込めている。

新型コロナによる死者は31日に少なくとも1453人増加し15万3882人となった。1日の増加数としては5月27日(1484人)以来の高水準。感染者は少なくとも6万6986人増えて458万人。

7月月間では、感染者が187万人(69%)増加、死者は2万5770人(20%)増加した。6月は感染者が83万5000人(46%)増加、死者は2万2322人(21%)増加だった。

7月に感染者が最も増えたのはフロリダ州(31万人超)、次いでカリフォルニア州とテキサス州(約26万人)。3州は6月に感染者数が倍増した。

アラバマ、アラスカ、アリゾナ、アーカンソー、ジョージア、ハワイ、アイダホ、ミシシッピ、ミズーリ、モンタナ、ネバダ、オクラホマ、オレゴン、サウスカロライナ、テネシー、ウェストバージニア各州では感染者が倍以上に増加。

一方、感染者の増加が最も緩やかだったのは、コネティカット、マサチューセッツ、ニュージャージー、ニューヨーク各州で8%かそれを下回る伸びにとどまった。

米国の1日当たりの新規感染者数は7月16日に7万7000人超を記録。7月は、全米50州中33州で新規感染者数が最多を記録、19州が新たに報告された死者が最多を記録した。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【関連記事】
・新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・がんを発症の4年前に発見する血液検査
・韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に


20200804issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年8月4日号(7月28日発売)は「ルポ新宿歌舞伎町 『夜の街』のリアル」特集。コロナでやり玉に挙がるホストクラブは本当に「けしからん」存在なのか――(ルポ執筆:石戸 諭) PLUS 押谷教授独占インタビュー「全国民PCRが感染の制御に役立たない理由」

ニュース速報

ワールド

WTO有志、パンデミック対応策で合意 医療品輸出制

ワールド

バイデン氏、外交面の主要人事発表 国務長官にブリン

ワールド

英、12月初めに再ロックダウン終了 地域ごとの制限

ビジネス

米年末商戦、最大5.2%増加見通し コロナ禍でも購

MAGAZINE

特集:バイデンのアメリカ

2020-11・24号(11/17発売)

就任100日でバイデン民主党新政権の内政・外交・経済そしてコロナ対策はこう動く

人気ランキング

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    バイデンは「親中」ではないが「親日」でもない──日…

  • 6

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 7

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 8

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 9

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月