最新記事

韓国

次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた......

2020年7月28日(火)13時30分
佐々木和義

次期事務局長選に立候補している韓国の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長 Jay Louvion-REUTERS

<次期事務局長選にサウジアラビア、メキシコ、エジプト、モルドバ、ナイジェリア、ケニア、韓国の8人が立候補。韓国の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長は、日本に支持を呼びかけた......>

世界貿易機関(WTO)のロベルト・アゼベド事務局長が辞任を表明し、英国、サウジアラビア、メキシコ、エジプト、モルドバ、ナイジェリア、ケニア、韓国の8人が次期事務局長選に立候補した。日本と貿易摩擦が続く韓国の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長は、スイス・ジュネーブのWTO本部で行った所信表明に続く記者会見で、日本に支持を呼びかけた。WTO事務局長の選出は全会一致が慣例で、日本が拒絶すると選出される可能性はほぼない。日本はアフリカ出身の候補を支援する方針だ。

「誰がWTOを改革する適任者か日本は能力と資質を見る国だ」

WTOは機能不全が続いている。最高裁に相当する上級委員会の定員は7人で、1つの案件を3人1組で審理する。任期が満了した上級委員の後任者の選任を米国が2年以上に渡って拒絶している影響で、上級委員が1人だけとなり、上級審理ができない状況が続いている。

WTO閣僚会合は2020年6月に予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で、21年に延期された。閣僚会合の準備と21年8月に任期を迎える事務局長選出の時期が重なることから、アゼベド事務局長は1年繰り上げて辞任すると表明し、事務局長選出の手続きに入ったのである。

WTO事務局長は加盟国協議で最も支持が低い候補者を脱落させる方式を繰り返して絞り込み、全会一致で選出する。いずれかの国が反対する候補が選出される可能性はほぼない。

韓国の兪候補は会見で、事務局長候補の中で誰がWTOを改革する適任者か日本は能力と資質を見る国だと述べ、また、中国は多国間貿易の重要性を理解しているとして、日中2カ国の支持を訴えた。

兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長とは......

韓国は過去2回、WTO事務局長選に候補を立てたが落選し、今回3度目の挑戦となる。韓国政府は、2021年6月に任期を迎える経済協力開発機構(OECD)事務総長に康京和外交部長官の出馬を考えたが、康長官本人が断ったため、通商交渉本部長の兪氏をWTO事務局長選に出馬させることにした。

兪明希通商交渉本部長はソウル大学を卒業後、外交部や通商交渉本部の投資課長、駐中韓国大使館一等書記官、アジア太平洋経済協力会議(APEC)派遣参事官、通商交渉室長などを歴任し、2019年2月、現職に昇進した通商一筋25年の官僚である。

その間、日中韓3カ国自由貿易協定(FTA)の締結に向けた実務者会議やアジア太平洋地域の16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の韓国代表を務めた。

兪氏は現職就任後、たびたび日本と対峙している。2019年4月、日本が福島など8県の水産物に対する韓国の禁輸措置を提訴した紛争で、WTOの上級委員会が日本敗訴の決定を下した。日本が決定の受け入れを拒否すると、兪氏は経済協力開発機構(OECD)の閣僚理事会で日本を非難する発言を行った。

同年7月、日本政府が韓国向け輸出管理を強化し、韓国をホワイト国から除外する件についてパブリックコメントを募集した際にも、米政府や米議会の仲裁を求めて渡米し、日本の措置を批判した。

ニュース速報

ワールド

WTO有志、パンデミック対応策で合意 医療品輸出制

ワールド

バイデン氏、外交面の主要人事発表 国務長官にブリン

ワールド

英、12月初めに再ロックダウン終了 地域ごとの制限

ビジネス

米年末商戦、最大5.2%増加見通し コロナ禍でも購

MAGAZINE

特集:バイデンのアメリカ

2020-11・24号(11/17発売)

就任100日でバイデン民主党新政権の内政・外交・経済そしてコロナ対策はこう動く

人気ランキング

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    バイデンは「親中」ではないが「親日」でもない──日…

  • 6

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 7

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 8

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 9

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月