最新記事

温暖化

バイオシフト──海洋生物は陸上生物よりも6倍速く極地に移動している

2020年6月4日(木)17時15分
松岡由希子

海洋生物は地球温暖化に伴って極地へと移動している...... Andrea Izzotti -iStock

<フランス国立科学研究センターなどは、1万2000種の生物の生息地の分布範囲の変化の速度を分析した......>

地球温暖化により、多くの生物が生息地を脅かされ、極地に向かって移動し続けている。なかでも海洋生物は、陸上生物に比べ、6倍の速度で極地へ移動していることが明らかとなった。

フランス国立科学研究センター(CNRS)、フランス海洋開発研究所(Ifremer)らの共同研究チームは、これまでに発表された研究論文258本をもとに、既知の生物種の0.6%に相当する1万2000種以上の動物、植物、微生物、菌類の生息地の移動3万534件をまとめた独自のデータベース「バイオシフト」を構築。それぞれの種の分布範囲の変化の速度を分析し、2020年5月25日、その研究成果を学術雑誌「イチャーエコロジー&エボリューション」で発表した。

陸上生物の移動は想定よりも遅かった

これによると、陸上生物は、地球温暖化に伴って極地へと移動しているものの、そのペースは、特に温帯地域において、想定よりも遅いことがわかった。両生類の移動距離は1年あたり12メートル、爬虫類では6.5メートルだ。一方、多くの疫病を媒介する昆虫は、1年あたり18.5キロメートルのペースで移動している。より大きな区分で比較すると、海洋生物は、陸上生物に比べて6倍の速度で極地へと移動している。

海洋生物が陸上生物よりも速いペースで移動している要因として、水のほうが空気よりも25倍、熱を伝導させやすいことや、陸上動物の多くが体温の調整機能を備えていることなどが考えられる。

また、海洋生物のほうが、制約なく生息地を移動させやすいことも寄与しているだろう。陸上では、都市化や農業、造林といった人間活動によって、生物の移動が妨げられている。一部の陸上種では、このような人為的撹乱によって、極地とは逆方向に移動していることも確認された。

この研究論文では、将来の気候変動のもとでの生物多様性の分布変化のシナリオ立てにおいて、これらの要因が複雑な相互作用を考慮すべきだと説いている。

ニュース速報

ビジネス

独政府、必要ならコロナの打撃受けた企業の株式取得=

ワールド

GoToキャンペーン、感染状況注視しつつ活用を=官

ワールド

米の65歳以下の新型コロナ死者、非白人の割合高い=

ビジネス

日経平均は急反発、米株高受け地合い好転 

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 3

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失ったもの

  • 4

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 3日連続2…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 8

    「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

  • 9

    金正恩の「拷問部隊」にイギリスが下した鉄槌

  • 10

    日本人とアラブ人が考える「理想の仕事」の違い

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 10

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月