最新記事

ファッション

ビリー・アイリッシュと村上隆のコラボがアメリカで人気 来週からユニクロTシャツも発売

Billie Eilish x Takashi Murakami Uniqlo Merch

2020年5月20日(水)16時05分
セレン・モリス

5月25日にオンラインで発売になるコラボTシャツのイメージ UNIQLO

2020年のグラミー賞で主要4部門を独占したアメリカの若手シンガーソングライター、ビリー・アイリッシュと日本のアーティスト、村上隆がコラボレートしたユニクロのTシャツコレクションが、5月25日月曜日からオンラインで発売される。

ウィメンズ、メンズ、キッズで構成されるこのコレクションは、村上がデザインしたキャラクターと、アイリッシュにインスパイアされたイメージやアイリッシュの写真などがあしらわれている。アイリッシュの名前や、デビューアルバム『When We All Fall Asleep Where Do We Go?(ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?)』のタイトル、アイリッシュのロゴとして使われている人のアイコン「ブローシュ」を採り入れている。

夢のような悪夢のような

こうしたイメージは、アイリッシュのファンにはおなじみかもしれない。というのも、村上が手がけた「You Should See Me in a Crown(ユー・シュッド・シー・ミー・イン・ア・クラウン)」のミュージックビデオは、現在までにYouTube視聴回数が6900万回を超えているからだ。このビデオでは、アニメ化されたアイリッシュが蜘蛛に変身し、街を破壊して、村上のトレードマークである花々をしおれさせる。

村上独特の花々は、特別にデザインされた「Billie Eilish」という単語が入ったオリジナルロゴとともに、ユニクロのコレクションでも随所に登場する。

ユニクロはこのコラボレーションについて、ウェブサイトで次のように説明している。「UT(ユニクロのグラフィックTシャツ・ブランド)は、この才能あるデュオのコラボレーションを奇跡的に実現した。世界トップレベルで作品を量産する現代のアーティストとミュージシャンの感性が、ファッションを通じて融合し、それぞれの視点からわたしたちに新たな発見をもたらしてくれる」

ファーストリテイリングの「グローバルクリエイティブ統括」を務めるジョン・C・ジェイは、プレスリリースのなかでこう述べている。「ビリー・アイリッシュと村上隆。世界でもっとも影響力のあるクリエイターふたりが融合し、万人のためのアートの新しい表現を生み出した」

このコレクションは、5月25日にオンラインで発売される。

アイリッシュは2019年3月に17歳でデビューアルバムをリリース。ビルボード200チャートで初登場1位を獲得した。このアルバムは17か国で1位となり、デビューアルバムとしては2019年最多の売上枚数を記録した。

村上は、世界中の名だたる美術館で個展を開催し、ルイ・ヴィトンやVANSなどのファッションブランドと手を組んだプロジェクトや、カニエ・ウェストやファレル・ウィリアムスなどのミュージシャンとのコラボレーションで知られている。

(翻訳:ガリレオ)

20200526issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年5月26日号(5月19日発売)は「コロナ特効薬を探せ」特集。世界で30万人の命を奪った新型コロナウイルス。この闘いを制する治療薬とワクチン開発の最前線をルポ。 PLUS レムデジビル、アビガン、カレトラ......コロナに効く既存薬は?

ニュース速報

ビジネス

アングル:コロナワクチン開発、中小勢から遠のく投資

ワールド

焦点:コロナで再び台頭する保護主義、貿易戦争が世界

ワールド

英イングランドでパブやレストランが再開、首相「責任

ビジネス

独コメルツ銀、CEOと監査役会会長が辞任へ 大株主

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「休業要請は慎重に判断」

  • 2

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 5

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 6

    【香港危機】台湾の蔡英文がアジアの民主主義を救う

  • 7

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 8

    「永遠のよそ者」ブルース・リーの知られざる苦悩

  • 9

    オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染131人 3日連続3…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 7

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月