最新記事

K-POP

韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切られた怒りは激烈

2020年5月30日(土)11時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

韓国では政治だけでなく、K-POPファンも抗議デモをして、自らの意志を伝えようとする。더스타 / The STAR / YouTube

<デモというと政治の世界の話と考えがちだが、K-POPファンの世界でもデモはたびたび行われている>

韓国は政治などからも見てわかるように、世論が強いイメージがあるが、その風潮は韓国アイドルファンたちの間でも見られる。事務所やレコード会社に意見をぶつけるファンたちを見ていると、日本と韓国ではアイドルとファンとの距離に違いがあるように感じられる。

例えば、ソウルの地下鉄を歩いていると、アイドルの写真と「誕生日おめでとう」のメッセージが書かれた看板を目にすることがある。これはファンたちがお金を出し合って、駅に広告を出しているのだ。また、以前筆者の友達は、お目当てのまだ無名新人アイドルのマネージャーと仲良くなり、プレゼントをマネージャーに直接手渡しして、スケジュールを聞いたりしていた。

かつて筆者が映画撮影現場で働いていた頃、出演俳優の差し入れなどもよくあった。ファンからの差し入れも多く、ランチや夜食のケータリングサービスもファンたちがお金を出し合って手配してくれるのだ。他にも、ファンクラブ一同でボランティアに参加したり、スターの名前の付けた植樹をする例もよく芸能ニュースで報道されている。

このように、日本とは微妙に熱烈な応援をする韓国ファンたちだが、それだけ熱い思いを抱いている分、事務所が応援するアイドルたちのことをないがしろにしたり、アイドル本人がファンを蔑んだりすると、許せないと反発を覚えるようだ。

レディーガガとのコラボで今話題のBLACKPINKも

今月14日、K-POP女性アイドルグループ「BLACKPINK」のファンたちが、彼女たちの所属事務所であるYGエンターテイメントを相手にデモを行い注目された。デモ会場には車の側面に垂れ幕が貼られたトラックも登場し話題となった。

ファンたちの主な要求とは、YG所属の他のアイドルグループに比べ、BLACKPINKの活動が少ないことへの不満である。ファンたちは、「1年に2回のカムバック」「最低6曲以上の新曲が収録されたアルバムの発売」「YouTubeチャンネルの活用」「様ざまなテレビ番組やイベントなどへの出演」「悪質なネット書き込みへの積極的な対応」などを求めている。ちなみに、ここでの「カムバック」とは、韓国音楽業界特有の表現で新曲の発表のことであり、日本語でイメージする「一度引退して芸能界に戻ってくる」というわけではない。

6曲以上収録のアルバムなど、あまりにも具体的な内容の要求に驚かされるが、実は今回のデモは2度目のことであり、昨年12月にもBLACKPINKのファンは同様の内容でデモを行っていた。今回はその後全く改善していないことへの抗議の意味も含まれている。

1度デモを行っただけで満足するのではなく、その後の経過を見届け、要求が通ってないとなるとさらにデモを再度敢行する姿勢や、相手に具体的な提案をする点、トラックなど大型の車両を利用し、パフォーマンス的要素をマスコミにアピールしてニュースに取り上げてもらうやり方などは、抗議デモとして見事な方法だと言える。

ニュース速報

ビジネス

アングル:コロナワクチン開発、中小勢から遠のく投資

ワールド

焦点:コロナで再び台頭する保護主義、貿易戦争が世界

ワールド

英イングランドでパブやレストランが再開、首相「責任

ビジネス

独コメルツ銀、CEOと監査役会会長が辞任へ 大株主

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「休業要請は慎重に判断」

  • 2

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 5

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 6

    【香港危機】台湾の蔡英文がアジアの民主主義を救う

  • 7

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 8

    「永遠のよそ者」ブルース・リーの知られざる苦悩

  • 9

    オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染131人 3日連続3…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 7

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月